ヒョウモントカゲモドキの種類(モルフ)

ヒョウモントカゲモドキのモルフ

爬虫類の飼育者の間でよく使われるモルフという

言葉ですが、これは一般に特徴ごとにまとめた

一括りの種類のことを指します。

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類の中でも随一の

モルフの多さを誇ります。

 

ヒョウモントカゲモドキのカラーバリエーション

ノーマル

最も野生のヒョウモントカゲモドキに近いカラーリングの

モルフです。

クリーム色の皮膚に黒いヒョウモン柄が全身を覆っています。

すべての基本となるモルフですがその流通数は意外と多くなく

下に紹介するハイイエローがノーマルとして出回ることも少なくありません。

参考価格:5000円前後

ハイイエロー

ノーマルのモルフの黄味がより強くなったモルフです。

現在広く行われているヒョウモントカゲモドキの品種改良の

はじまりとなった種です。

最もポピュラーなモルフで数多く出回っていますが黄味の

強さにばらつきがあり、値段にも若干の幅があります。

参考価格:3000~7000円

タンジェリン

黒色の豹紋柄が少なく強いオレンジ色の色味を持つモルフです。

ハイイエローのオレンジ色の発色が良いものを

掛け合わせ交配を重ね誕生しました。

赤味の強いオレンジ色~黄色味の強いオレンジ色と

同じオレンジ色でも個体によって差が見られます。

参考価格:10000円前後

マックスノー

黄色味が抑えられ白い地肌と黒い斑点を持ったモルフ

です。

モノトーンの外観をしていますが成長するにつれ黄色味が出てくる

場合もあります。

マックスノー同士を掛け合わせたスーパーマックスノーでは

この黄色味は完全に抑えられます。

参考価格:5000~10000円

アルビノ

アルビノにはトレンパーアルビノ、ベルアルビノ、レインウォーターアルビノ

の三系統があり色味の違いによって分けられます。

トレンパーアルビノではオレンジ味のあるクリーム色の肌に

ピンク~褐色の斑点を持っているのが特徴です。

ベルアルビノではクリーム色の肌に茶色い斑点を持ち

レインウォーターアルビノは黄色味のあるクリーム色の肌に

ピンク~紫色の斑点を持ちます。

アルビノ個体は目が悪い場合が多く給餌など

他のモルフに比べうまく行えない場合があります。

参考価格:7000~10000円

メラニスティック

全身が黒く変化したモルフです。

現在出回っているメラニスティックは完全な

黒色ではなく黄色味がある場合が多いです。

しかし、黒化モルフは現在も改良されていて

より完全に黒化した個体が誕生する可能性もあります。

そもそもの流通個体も少ないですが黒化の度合いに

より値段にも幅があります。

参考価格:30000円~

 

コンボモルフ

コンボモルフとは複数のモルフを掛け合わせることで

生まれる変わった特徴を持ったモルフを指します。

タンジェロ

タンジェリンとトレンパーアルビノを掛け合わせた

ことで誕生したモルフ。

全身の模様がなく、濃いオレンジ色を持った

アルビノが特徴です。

参考価格:60000円~

ラプター

レッドアイ(R)・アルビノ(A)・パターンレス(P)・トレンパー(T)・

オレンジ(O)の略。(RAPTOR)

アプターにエクリプスを加えたモルフ。

赤い瞳を持ち模様がないことが特徴のモルフですが交配により

一部に柄の出る個体が多いです。

参考価格:10000円~

レーダー

ラプターのアルビノ遺伝子にベルアルビノ遺伝子を

用いることで誕生したモルフ。

ルビーアイと呼ばれる特徴的な赤色の

目を持ちます。

参考価格:20000円~

ブレイジングブリザード

ブリザードとトレンパーアルビノを掛け合わせることで

生まれたモルフ。

白さが特徴のブリザードにアルビノ遺伝子の加わったもの

なので更に白さが際立ちますが

アルビノ特有の目の悪さを持ちます。

参考価格:10000円~

ディアブロブランコ

ブリザードとラプターの掛け合わせにより生まれた

スペイン語でディアブロ(悪魔)ブランコ(白)を

意味するモルフ。

真っ白な体に赤い目を持ちます。

参考価格:30000円~

 

 

 

目のバリエーション

アルビノ

白~ゴールドの虹彩に一見黒に見える

赤黒い瞳孔を持ちます。

ソリッドブラックアイ

瞳孔、虹彩が供に黒く一見目全体が瞳孔のように

見られます。

遺伝により起きる場合と突然変異で起きる場合があります。

ソリッドレッドアイ

ソリッドブラックアイのように瞳孔と虹彩が共に

同じ色に変異したものです。

ソリッドブラックアイが黒色に変異するのに対し

ソリッドレッドアイは全体が赤色になります。

マーブルアイ

 

虹彩の一部に黒色の斑点が現れマーブル状に

見える特徴的な目を持った種類です。

 

まとめ

お気に入りの子は見つかりましたか?

ご覧いただいたモルフは数あるヒョウモントカゲモドキの

モルフの中でも代表的なほんの一例です。

更にヒョウモントカゲモドキは今現在も新種が作られて

いるので今後更に増えていくでしょう!

爬虫類界でも大注目ですね♪

可愛い我が家の子を掛け合わせ

新種を生み出すのも夢じゃないかも…?

 

▽ヒョウモントカゲモドキのまとめはこちら!

ヒョウモントカゲモドキ まとめ

樹上性アガマの飼育と餌の与え方

カベヤモリの飼育と餌の与え方

関連記事

  1. ヒョウモントカゲモドキの生態

    1.学名学名 Eublepharis macularius和名 ヒョウモントカゲモドキ英名 レオパー…

  2. ヒョウモントカゲモドキ まとめ

    ヒョウモントカゲモドキの生態ヒョウモントカゲモドキの飼育環境と必要機材ヒョウ…

  3. クレステッドゲッコー

    魅力生態、豆知識等別名 オウカンミカドヤモリ(王冠帝守宮)分布 ニューカレドニア本島南部、イル・デ・…

  4. トッケイヤモリの生態と飼育

    毒々しい派手なカラーリングに不思議な顔つき…ちょっと不思議な魅力が満載のトッケイヤモリ!…

  5. ヒラオヤモリの生態と飼育

    こんにちは、最近活き餌に愛着が湧いて仕方ないもすです!この記事では一般的にハウスゲッコー…

  6. ナメハダタマオヤモリ

    魅力生体、豆知識等別名 Nephrurus levis分布 ナイリクナメハダタマオヤモリ(オーストラ…

  7. ヒョウモントカゲモドキの飼育に必要な機材

    ヒョウモントカゲモドキに必要な飼育機材ヒョウモントカゲモドキは、大型のヤモリで、成体になると25cm…

  8. ナキツギオヤモリ

    魅力生体、豆知識等別名 アンダーウッディサウルス、オーストラリアバーキングゲッコー分布 オーストラリ…

カテゴリー

PAGE TOP