フトアゴヒゲトカゲの必要機材と飼育環境

 フトアゴヒゲトカゲの必要機材と飼育環境

フトアゴヒゲトカゲに適したケージサイズについて

フトアゴヒゲトカゲは大人になると全長おおよそ40cmから50cm程の大きさになります。 中には種類によって60cm程の子もいるので、ケージサイズは横幅90cm以上の大きさの物を選んで活用しましょう。

 

扉の構造は観音開きタイプの物や引き戸タイプの物と様々な爬虫類専用ケージが今は沢山出回っています。

 

上開きの水槽や衣装ケースでの飼育も可能ですが、その場合爬虫類は上から来るものに怯えやすい個体も多いので気をつけてゆっくりと手を入れてあげると良いでしょう。

 

 

最終はこんな感じをめざしたい。

 

フトアゴヒゲトカゲが快適に過ごせる温度とライトについて

フトアゴヒゲトカゲの原産地はオーストラリアの東部から中部にかけて日本より乾燥した暑い地方の産まれです。

なのでケージ内温度は暑い所で35度以上涼しい所では25度以上になっているか常に確認してあげましょう。

湿度は30%から40%が適してると言われています

湿温度計を使って常に観察してみましょう。

 

    

 

この用に温度計と湿度計がセットになってる物もありますので上手く活用していきましょう!

 

バスキングライトと保温球とは?

 

爬虫類は変温動物の為、体温を自分で調節する事が出来ません。

そこで必要になってくるのが保温球とバスキングライトと言うものになります。  

保温球はケージ内の温度を全体的に温めるために使うライトで、有名な所でいうとヒートグロー等が存在します。

     

 

対してバスキングライトとは、局所的にケージ内の一箇所のみを温める為に使う物になります。  

 

局所的に一箇所のみを温める事によりケージ内に温度勾配ができ、フトアゴヒゲトカゲの好きな場所に移動する事が可能になります。  

 

バスキングライトの下には岩やレンガ等、熱を吸収しやすい物を置いてあげましょう。

 

置いている物が温まっている事により、その上に乗ったフトアゴヒゲトカゲがお腹を温める事ができます。

お腹を温める事により消化不良や便秘の改善にも繋がりますので是非活用してあげて下さいね。

 

画像提供:西 秀仁様  

お腹を温めるふとあごちゃんの図

 

UVB(紫外線)ライトについて

 

UVBライトはケージ内に普段は照射されない直射日光の代わりに人口的に紫外線を浴びせる事が出来るライトです。

UVBライト単体では熱を発さないので、先ほど記述したバスキングライトと共に照射する事により太陽の変わりとして活用出来るようになります。  

 

中にはUVBとバスキングライトを一括して担うハイパーサンやパワーサン、メタルハライドランプ等もあるので初期投資に余裕があればそちらの購入を検討してみてもいいかもしれません。

 

   

 

UVBには爬虫類に必要なビタミンD3を生成する他、太陽の代わりとなる物のお陰でケージ内に昼と夜をもたらし健康な生活サイクルを作ってあげる事が出来ます。  

 

UVBライトには色んな種類があるので、ケージのサイズや置くスペース、距離等を考慮して設置するものを考えてみましょう。

 

主流なのはケージ内外にも設置しやすいスパイラル式の物や、外からケージの真上に置ける物等色々存在しています!

 

   

 

 

ライトを設置する際は必ずソケットも同時購入しましょう。

ライト横に照射距離などが書いているので確認してみてくださいね。    

 

サーモスタットとは?

 

ライトは毎日同じ時間に点灯して同じ時間に消灯する事が大事です。

でも毎日の仕事や学校、お休みの日はゆっくり寝ていたいですよね、そんな時はこれを使います。  

  サーモスタット!

 

これを使えば時間の設定に応じて自動でライトの点灯や消灯を行ってくれる他、保温球等にも繋げておけば温度管理もしてくれるすぐれ物!

設定次第で好きな時間、好きな温度を保ってくれます。    

 

フトアゴヒゲトカゲに適した床材

 

 

ただ床に敷くだけの物でも色々な種類や好み等があります。

そして一番大事なのはツルツルしたケージ内に凹凸をつけてフトアゴヒゲトカゲの健康を保ってあげることです。

 

床材を敷かなければケージ内はツルツルと滑り、足や股関節に多大なる負担をかけてしまうので床材選びはとても重要になります。

 

ケージ内はかっこよく!!    

 

そんな方にはデザートブレンド

     

 

フトアゴヒゲトカゲの生息環境に見た目を近くする事が出来、テラリウムにも向いているのではないでしょうか。    

 

しかし、周囲を舌でペロペロしてしまうフトアゴヒゲトカゲには不向きとの声も上がっています。

 

誤飲を招き腸閉塞を引き起こしてしまう可能性が大きいのが原因になっているようです。    

 

しかし毎日健康に排便をしているフトアゴヒゲトカゲには多少の誤飲は許容範囲との声も?    

 

次はサンドマッド!!

   

 

こちらはカーペットの様な物で敷くだけで凹凸や砂利を再現する事が可能です! 清掃の時はペロリと剥がして丸洗いが可能なすぐれもの!    

 

しかし、度重なる使用はやはり劣化を招くので買い替えも必要になってきます。    

 

見た目よりも断然メンテ派!    

 

そんな方にはペットシーツ。  

地面もツルツル滑る事なくケージ内の必要のない水分も吸ってくれて丸めて捨てるだけ、近場で仕入れやすいのも魅力の一つと言えると思います。    

 

続いてはタイル。  

 

百均やホームセンター等で購入でき、自分ごのみのサイズに切って敷くだけ、後は汚れた場所だけを外して洗って乾燥させてから戻す事が出来ます。    

使い捨ではないのでコスパは一番じゃないでしょうか。    

 

その他にも消臭性重視の方にはヤシガラやバークチップ等も活用してみるといいかもしれません。

爬虫類専用の物もありますが園芸用品店等で購入する方も多くいらっしゃるようです!

 

これは使っちゃダメ、絶対!    

 

それは猫砂です。

糞尿等を片付けるのには固まってくれて最高に掃除しやすいのですが、一番怖いのは猫砂の誤飲です。    

猫砂液体に反応して固まってしまう物なのでフトアゴヒゲトカゲが誤飲してしまうと胃液でかたまり便と一緒に排出する事も困難な状態になってしまいます。    

 

猫砂に限らず、液体に反応をする物は床材としての使用は控えましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲのシェルターについて

 

お次はシェルターです、木製の物や陶器の物等色々な種類のシェルターがあります。

フトアゴヒゲトカゲの大きさに合わせて最適なシェルターのサイズを選んであげましょう。    

 

シェルターはフトアゴヒゲトカゲにとっては隠れ家としての一面もありますがシェルターを設置する事により、日陰を作ってあげる事が一番の目的となります。    

 

シェルターが日陰の役割を果たしてくれる事で、より温度勾配の差が出て暑くなれば自然とフトアゴヒゲトカゲはシェルターで涼みに行くでしょう。  

 

オーストラリアの灼熱で過ごす現地のフトアゴヒゲトカゲも日中の気温が高い時間は日陰でゆっくり過ごしているようですよ。    

   

 

この様な岩をモチーフにしたシェルター等はどんな所に置いてもぴったりかも知れないですね^^    

 

フトアゴヒゲトカゲの水入れの活用方法

 

フトアゴヒゲトカゲは中々動きの無い水には気がつかないようです、ですので使う水入れは浅めの物を用意してあげましょう。

あまり深いと落ちてしまうなんて事があるかもしれません。    

 

水入れもおしゃれに!

       

 

隅っこに置けて場所も取らない上に岩に見立てた感じがおしゃれですよね!

他にも水面に気がつかないフトアゴヒゲトカゲの為にウォーターフォールなんかもいいかもしれません。

 

       

 

中で水を循環させて水面を動かし続ける事が出来る物です、これなら動かない水に気が付きにくいフトアゴヒゲトカゲにも分かりやすい水飲み場になるかもしれません。

 

そしてやっぱりメンテ重視!な方にオススメなのはスーパーでも百均でもどこにでも置いてあるタッパーです。

メンテナンスに置いてはタッパーは最強なんじゃないでしょうか?安いし安いし安いし安いし

 

フトアゴヒゲトカゲに最適なエサ入れ

 

ベビーサイズの時はまだまだ昆虫が主食のフトアゴちゃんにはこういった返しのついた逃げない形のエサ入れは如何でしょうか?  

ピョンピョン跳ねるコオロギには多少逃げられてしまいますが、側面を登れないデュビア(アルゼンチンモリゴキブリ)にとっては逃げ場無し!   置き餌をするには最適です。

 

サイズも多く餌の大きさによりサイズ変更していくのもありかと思います。    

 

そして格好良く大人になったアダルトフトアゴヒゲトカゲは野菜色がメインなのでケージ内のレイアウトを楽しむにはやはり水入れでも紹介した様なロック型のエサ入れ等が素敵だと思います!

       

 

こんな感じで階段がついた様な物もあってレイアウトの幅が広がりますね!    

そして最後にやっぱりタッパーです!!!! メンテも楽、購入先に困らない…なんならお家で余ってるし…コスパ最強!!  

 

フトアゴヒゲトカゲに必要な機材番外編

 

ケージ内温度が上がらない、そんな時は?

 

冬場や寒冷地方に多い悩みですよね、保温球をつけてサーモを設定しているのに中々温度が上がりきらない。

原因は保温球のワット数が足りていない事もありますがその他に気温が低すぎて保温球だけじゃ間に合わないなんて事も起こります。    

 

そんな時はこれ!

 

 

 

 

暖突です!ケージ内上部に取り付けて上からケージを温めてくれる暖房器具です!  

 

これがあれば真冬も乗り越えられる暖かさを保ってくれるのではないでしょうか?

ワット数や大きさ等の違いがあるので、使ってるケージに合わせて購入してみて下さいね^^

 

 

フトアゴヒゲトカゲがどうしてもお水を飲んでくれない!そんな時は

 

霧吹き! 園芸ショップや百均、どこにでも置いてある霧吹きを使ってケージ内を少し湿らせてあげましょう!  

冷暖房で乾燥しすぎてしまった場合にも有効活用出来るので一つあったら便利ですよ。

 

ケージ内の床が冷たい、どうしよう?

 

そんな時はこちらを使いましょう! 地表性と言われる地面近くを移動する爬虫類の強い味方、パネルヒーターです!

 

   

 

これをケージ外の下半分くらいに敷いてあげると人間で言うホットカーペットや床暖房の役割を果たしてくれちゃう強い味方です!

 

消化不良を引き起こす原因のお腹の冷え対策に大活躍間違いなし!な代物です!    

 

フトアゴヒゲトカゲ飼育用品最後の注意点

 

ケージをプラスチックケースや衣装ケースで代用する場合、ライトの高熱で溶けてしまわない用に気をつけましょう。    

 

フトアゴヒゲトカゲとライト位置を注意!  

 

ケージ内にライトを入れる場合手が届いてしまうなんて事はよくある事、熱を発する保温球やバスキングライトの位置などには気をつけて大切なフトアゴヒゲトカゲが火傷を負わないようにしましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲ飼育用品まとめ

 

いよいよ、最後になりましたが結局フトアゴちゃんには何が必要で何がいらないの?    

 

必ず必要な物  

 

ケージ バスキングライト、UVBライト 床材 水入れ、エサ入れ(タッパーでもいいよ^^) シェルター 湿温度計    

 

状況に応じて    

 

暖房で十分部屋の温度を保ってる場合に限り保温器具等は最小限で済ます事が可能です。

なので暖突、保温球は温度と温度勾配がしっかりと設定出来ていれば問題は少ないと思います。

 

飼育用品購入先リスト

 

Amazon

楽天  

 

通販でお馴染みんのここ二つ! 以外と爬虫類ケージなんかも置いていて近所に用品店が少ない時には重宝します!    

 

そしてやっぱり爬虫類業界で強い通販対応店はここではないでしょうか? 中でもワイルドモンスターさんはお安くて私もよく使わせていただいてます!

 

ワイルドモンスター  

 

チャームさんは対応や連絡もスムーズで急ぎ購入したい場合等におすすめです!  

 

チャーム    

 

 

好みのフトアゴちゃんを探すのも楽しみの一つではありますが、レイアウト、飼育用品を選ぶのも大きな楽しみの一つだと思いますよ! 自分好みのお部屋をフトアゴちゃんの様子と相談しながら集めて見ては如何でしょうか?        

 

 

ボールパイソンの餌とその与え方

フトアゴヒゲトカゲの餌とそのあげ方

関連記事

  1. パンサーカメレオン

    魅力生態、豆知識等和名:パンサーカメレオン学名: Furcifer pardalis(Cuvier,…

  2. アオジタトカゲ

    魅力生態、豆知識等アオジタトカゲ属(アオジタトカゲぞく、Tiliqua)は、有ウロコ目トカゲ科に属す…

  3. フトアゴヒゲトカゲの餌とそのあげ方

    フトアゴヒゲトカゲの餌の種類フトアゴヒゲトカゲの餌の種類には、大きく分けて虫、野菜、練り餌や固形餌な…

  4. フトアゴヒゲトカゲの繁殖について

    フトアゴヒゲトカゲの繁殖適齢期について今回はまずフトアゴヒゲトカ…

  5. フトアゴヒゲトカゲのモルフと品種について

    今回はフトアゴヒゲトカゲの色、柄、品種についてお話したいと思います。フトアゴヒゲトカゲの…

  6. カイマントカゲ

    こんにちは、本日は異常なくらいでかい頭が好きな人と嫌いな人をはっきりと分けるワニのようなトカゲ、ギア…

  7. ヘルメットヤモリ

    魅力生態、豆知識等別名 ウリボーゲッコー、ヘルメットゲッコー学名:Tarentola chazali…

  8. フトアゴヒゲトカゲの病気とその治療法

    フトアゴヒゲトカゲの病気 はじめにフトアゴヒゲトカゲは飼いやすい爬虫類として人気が高い一…

カテゴリー

PAGE TOP