アオジタトカゲの生態と飼育

つるりとした体に青い舌。

 

なぜ舌が青いのでしょうか。

 

このところ見かけることが多くなったアオジタトカゲですが、実はとても飼いやすいんです!

 

この記事で、アオジタトカゲについてもっと知っていきましょう(^O^)!!

 

 

学名

和名:アデレードアオジタトカゲ、オオアオジタトカゲ、ホソオビアオジタトカゲ、マダラアオジタトカゲ、ニシアオジタトカゲ、ハスオビアオジタトカゲ

英名:Adelaide pigmy bluetongue、Indonesian bluetongue skink、Central bluetongue skink、Blotched bluetongued skink、Western bluetongued skink、Common bluetongue skink

学名:Tiliqua adelaidensis、Tiliqua gigas、Tiliqua multifasciata、Tiliqua nigrolutea、Tiliqua occipitalis、Tiliqua scincoides

 

 

分類

:有鱗目 Squamata

亜目:トカゲ亜目 Sauria

下目:Scincomorpha

上科:Scincoidea

:トカゲ科 Scincidae

:アオジタトカゲ属 Tiliqua(Gray, 1825)

 

 

分布(生息地)

オーストラリアやインドネシアの一部にも生息し、森林や草原、砂漠といった様々な環境でも生きていくことが出来ます。

 

地表棲で、昼行性です。

 

 

 

 

生態、特徴

大きさ

約60cmまで大きくなります。

 

最小種のアデレードアオジタトカゲは20cm程です。

 

飼育ケージが用意しやすいサイズ感ですね(^^)

 

 

飼いやすい理由

1、食性

なんでもよく食べるんです!

 

雑食トカゲ用の人工飼料に刻んだ野菜を混ぜたり、

 

時々マウスや果物を与えたりすると良いでしょう。

 

動物質と植物質の割合が5:5になるとなお良し!です。

 

 

2、性格

図太くおっとりとした性格の個体が多く、

 

ハンドリングしても人に嚙みついてくるようなことはほとんどありません。

 

しかし、キメラアオジタトカゲは荒い個体が多いと言われています。

 

種によっては多頭飼育も可能です。

 

 

3、安全

尻尾が長いトカゲは、威嚇をすると尻尾を鞭のようにして攻撃してきます。

 

大きなトカゲの場合、腕にミミズ腫れが出てしまうほどです。

 

しかしアオジタトカゲは温厚で、そもそも尻尾が短いので、その心配はありません。

 

 

繁殖

卵胎生です。卵をおなかの中に戻し、孵ってから体の外に出します。

 

スキンク科に属するうち、多くのトカゲが卵胎生です。

 

 

なぜ舌が青い?

名前の由来にもなっている最大の特徴。

 

それは、舌が青いことです。

 

いくらおっとりしたアオジタトカゲでも、身の危険を感じると威嚇します。

 

シューッという音を出しながら、美しい青い色で相手を驚かそうとします。

 

 

アオジタトカゲ=ツチノコ説?

姿がよく似ていることから、飼育していたアオジタトカゲが逃げ出したのを見間違えたのではないかと言われています。

 

 

しかし、アオジタトカゲが日本に普及したのと、

 

ツチノコが言い伝えられてきた時間軸が一致しません。

 

また、ツチノコは2メートルほどのジャンプ力を持っていたり、

 

非常に素早く動いたり…等の特徴もほとんどが一致していないので、可能性は低いでしょう。

 

話がそれてしまいましたが、爬虫類好きとしてはツチノコが本当に存在するかは大変気になる話題ですよね。

 

 

魅力

どっしりとした重量感ある体に、不釣り合いな短めな尻尾と小さな手足が特徴的です。


 
これが、アオジタトカゲの「カワイイ」ポイントです。

 

個性的な見た目だからこそ、ハマったら夢中になってしまいそうです。

 

アオジタトカゲにしかない魅力を存分に楽しみながら飼育できると思います。

 

 

飼育方法、餌

飼育方法と餌の項目に関しては下記のページをご参照ください(^^)↓

スキンクの飼育環境と必要機材

 

種類、品種(モルフ)

インドネシア系、オーストラリア系で分けることが出来ます。
 
 
 
アオジタトカゲの種類は模様で見分けている事が多いのですが、モルフによって変わっていくので判断し辛く、見分けるのが困難です…
 
 
 
 
 
 

品種(モルフ)

・キャラメル

胴に、黄色色素が強く出ています。

 

 

・ハイポ

色素が減退した個体を指します。

 

色が薄めのため、通常よりも明るい印象です。

 

 

・アルビノ

黒色色素が欠乏しています。

 

血管の色が透けているため、目が赤く見えます。

 

 

・メラニスティク

体色が黒一色になる遺伝子を持っています。

 

種類(仲間) 

・セラムアオジタトカゲ

インドネシアのセラム島に生息しています。


 
体色は、淡くグリーンがかっていきます。

 

 

・キタアオジタトカゲ

オーストラリアに分布し、目の横のラインがほとんど消えているのが特徴です。

 

アオジタトカゲの中では、最も数多く流通している種類です。

 

 

・ニシアオジタトカゲ

オーストラリアに生息している、体のラインが少ないアオジタトカゲです。

 

日本ではほとんど流通していません。

 

 

・ヒガシアオジタトカゲ

様々なバリエーションがあるため、他亜種と混同されがちです。

 

前足に模様が無いことと、薄く縦模様が入っています。

 

 

・チュウオウアオジタトカゲ

縞の数が多く、丸くてユニークな体が可愛らしいです。

 

最もツチノコに近い見た目をしています。

 

 

・マダラアオジタトカゲ

斑模様の、シンプルな種類です。

 

他亜種とも区別がつきやすいです。

 

 

・アンボンアオジタトカゲ

インドネシアに分布しています。

 

足は斑模様が模様が入った黒色ををしています。

 

指も少し大きめなのが特徴です。

 

 

・オオアオジタトカゲ

胴がやや細長いのと、目の横のラインが不鮮明です。

 

「オオアオジタトカゲ」と言いつつも、他亜種より若干大きいくらいです。

 

 

・キメラアオジタトカゲ

インドネシア東部に分布していて、他亜種と比べて、色が薄いです。

 

体は固く、足には模様がありません。

 

名前の通り、気性が荒い個体が多いです。

 

 

販売、価格、入手方法

価格

種類やモルフの貴重度で大きく値段が変わります。

 

安いものは8千円~、高いものは~3万円で販売されています。

 

店舗

Maniac Reptiles(マニアックレプタイルズ)

http://maniacreptiles.com

 

 

サウリア守口店

https://www.sauria.info

 

 

イベント


ジャパンレプタイルズショー
http://www.rep-japan.co.jp/jrs/index.html


こちらはJRSや夏レプ、ジャパレプと呼ばれています。



毎年8月に静岡で開催されているイベントです。

 



BLACK OUT
https://www.blackout1999.com/


関東だと浅草・横浜・埼玉、関西は大阪・京都・神戸等で開催されています。

 

 

まとめ

アオジタトカゲと言っても、様々な種類、色、模様のものがいます。

 

さらに、習性、性格、好みも様々です。

 

自分に合った個体をお迎えできるといいですね!

 

まずは、しっかりとした設備を整えるところから始めましょう!

 

————————————-

グリーンパイソンの生態と飼育

カイマントカゲ

関連記事

  1. トゲオイグアナの生態と飼育

    自宅で放し飼い...なんて上級者も見かける人気のイグアナ!イグアナには緑色のイメージを抱…

  2. アルマジロトカゲの生態と飼育

    SNS上でゲームのモンスターの様だと話題になったアルマジロトカゲ。その見た目はまさに手のひらサイズの…

  3. アシナシトカゲの生態と飼育

    インパクト大なそのネーミングの通り脚の退化したトカゲ、なアシナシトカゲ。それ…

  4. カメレオン

    こんちには、本日はトカゲの中でも得意な進化を遂げたカメレオン全般の生態と魅力そして飼育法について書い…

  5. カミンギーモニターの生態と飼育

    イエローヘッドモニターと混同されることも多い黄色くて大きいカミンギーモニター!最近はショップやイベン…

  6. アフリカンロックモニターの生態と飼育

    サバンナモニター可愛いな...でもモニターは大きいのがいいな...そんなあなたにおすすめのアフリカン…

  7. モニターの飼育と餌の与え方

    爬虫類好きなら一度は飼ってみたいオオトカゲ!人気のレオパやフトアゴヒゲトカゲと比べかなり大きく成長す…

  8. カメレオンの飼育と餌の与え方

    のびんりした動きに可愛いお手々…不思議もいっぱい、魅力もいっぱいのカメレオン!&nbsp…

カテゴリー

PAGE TOP