サルバトールモニター(ミズオオトカゲ)の生態と飼育

大きい!強そう!かっこいい!

まるで恐竜のような魅力たっぷりのその見た目から

根強い人気を誇るサルバトールモニター☆

 

今回の記事ではそんなサルバトールモニターに

ついて詳しく解説していきます!

 

学名

和名:ミズオオトカゲ
英名:Common water monitor
学名:Varanus salvator

一般にミズオオトカゲ、サルバトールモニター(サルバ)と呼ばれています。

 

分類

:有鱗目 Squamata
亜目:トカゲ亜目 Sauria
下目:オオトカゲ下目 Platynota
:オオトカゲ科 Varanidae
:オオトカゲ属 Varanus

和名のミズオオトケゲから推測されるようにオオトカゲ属に属します。

 

分布(生息地)

・地域

インド(アンダマン諸島)、インドネシア、マレーシアなど。

 

主にスリランカ~東南アジア・インドネシアにかけて広く分布しています。

 

・環境

原生林やマングローブ林などの高温多湿の様々な環境に生息します。

 

その名前から分かるように水辺に生息し、潜水して狩りを行います。

 

近年では人に捕獲されることで野生個体数は減少しています。

飼育環境下においても水辺を好み全身を浸からせていることが多いです。

 

生体の大きさにあった水入れを用意しましょう!

 

生態、特徴

・大きさ

大型個体では全長250センチメートルに達します。

 

しかし、飼育下では大きくなっても2メートル以内に収まることがほとんどです。

 

体重は成体で約25キログラム。

 

体形はオオトカゲ属の中では細め。

 

・身体的な特徴

黒い体表に淡黄色の斑点が帯状に入ることが多いが、亜種や地域により様々な模様を成します。

 

鼻先はやや細長く、丸い鼻孔が鼻先寄りに開きます。

 

四肢や指趾は頑丈で、指趾には黒く鋭い爪を持ちます。

ミズオオトカゲに触れる際は注意しましょう!

 

・食性

基本的に肉食で、げっ歯類などの哺乳類、鳥類、

カメ・トカゲ・ヘビなどの爬虫類、カエル、魚類、

昆虫、甲殻類、巻貝、卵、動物の死骸などを食べています。

 

飼育下ではミズオオトカゲの基本的な食性に合わせ、

ピンクマウス、ひなうずら、ひよこ、魚、ささみなどを偏らずにバランスよく与えるのがおすすめです。

 

・繁殖

繁殖は乾季に産卵し雨季にふ化するペースで行われます。

 

ただし、乾季・雨季の存在しない飼育下では一年を通して季節を問わずに行われます。

 

最大40個程の卵を15個程度ずつ数回に分けて産卵します。

 

しかし、全ての卵がふ化する訳ではありません。

 

卵は半年~一年程度でふ化しますが、地域によりその日数に差があるようです。

 

魅力

何といっても恐竜のようなかっこいい見た目が魅力的なサルバトールモニターですが、

とても頭がよく意外にも人によく慣れることも少なくありません。

 

しかし、大きな体と鋭い爪を持つため十分に注意しましょう。

 

また、丈夫で餌も手に入りやすく飼育スペースさえ確保出来ればペットとして飼育することが十分に可能です。

 

飼育方法、餌

 

現在記事作成中です!

もうしばらくお待ちください(><)

 

種類・品種

品種(モルフ)

・アルビノ

 

薄いクリーム色の体表にラベンダー色の模様が入るのが特徴的です。

 

・メラニスティック

アルビノとは対照的に体全体が真っ黒になるのが特徴的です。

 

しかし、体表の一部に斑点模様が残ります。

 

・アザンティック

通常のサルバトールモニターから黄色色素を欠いたカラーリングが特徴的です。

 

突然変異により起こるとされています。

 

種類(仲間)

・サルファモニター

サルバトールモニターの亜種で地域差により分けられます。

 

体表に黄色がサルバトールモニターよりも多く現れるのが特徴的です。

 

・ホワイトヘッドモニター

頭部・体部の黄色い模様が白く抜けることが特徴的です。

 

しかし、個体差により一部黄色色素が残ります。

 

・コマイニーモニター

黒い体表が特徴的です。

 

完全な黒色ではなく腕などに一部黄色い斑点模様が残ります。

 

 

販売、価格、入手方法

爬虫類を取り扱う店舗、イベントなどで入手する事が出来ます。

 

一般に約3万円~5万円程度で出回っています。

 

しかし、巨大な飼育ケースなど飼育環境を一式揃えると更に初期費用が10万円程度かかります。

 

店舗

E.S.P.

http://www.espweb.jp/lizards/

 

ルームズー

http://repwst.cart.fc2.com

 

イベント

ジャパンレプタイルズショー
 
 
こちらはJRSや夏レプ、ジャパレプと呼ばれています。
 
 
 
毎年8月に静岡で開催されているイベントです。
 
 
 
 
BLACK OUT
 
 
関東だと浅草・横浜・埼玉、関西は大阪・京都・神戸等で開催されています。
 
 
 
 

まとめ

かなりの巨体に成長するオオトカゲ、爬虫類好きなら一度は憧れるのではないでしょうか!

 

何といっても野性味あふれるその見た目についつい手が出そうになる方も多いかと思います。

 

しかし

大きな体と鋭い爪を持ち、怪我をする恐れがある事

20~30年程度生きる事

受診できる動物病院が少ない事

広い飼育スペースを要する事

などお迎えには高いハードルがあります。

 

それらを乗り越えられる!

という猛者(笑)の方々は強くてかっこいいミズオオトカゲを家族にお迎えするのもいいのではないでしょうか♪

 

サバンナモニターの生態と飼育

ブラッドパイソンの生態と飼育

関連記事

  1. ナイルモニターの生態と飼育

    野生の心を失わない暴れん坊のナイルモニター!性格は凶暴!特大サイズ!力も強い!とにかく悪くてそんなと…

  2. パンサーカメレオンの生態と飼育

    おはこんばんわ!友人に「お前デュビア臭い!」と言われ、徐々にデュビア化しているわかつきです…さて今回…

  3. フトアゴヒゲトカゲの繁殖について

    フトアゴヒゲトカゲの繁殖適齢期について今回はまずフトアゴヒゲトカ…

  4. ヘルメットヤモリ

    魅力生態、豆知識等別名 ウリボーゲッコー、ヘルメットゲッコー学名:Tarentola chazali…

  5. フトアゴヒゲトカゲの生態と魅力

    今回はフトアゴヒゲトカゲについて詳しく知る為に学名から魅力についてお話させて頂こうと思います!筆者も…

  6. フトアゴヒゲトカゲの必要機材と飼育環境

     フトアゴヒゲトカゲの必要機材と飼育環境フトアゴヒゲトカゲに適したケージサイズについてフトアゴヒゲト…

  7. カメレオンモドキの生態と飼育

    小さい体に大きな顔のアンバランスさが何とも可愛いカメレオンモドキ!モドキってカメレオンじ…

  8. カイマントカゲ

    こんにちは、本日は異常なくらいでかい頭が好きな人と嫌いな人をはっきりと分けるワニのようなトカゲ、ギア…

カテゴリー

PAGE TOP