カメレオン

こんちには、本日はトカゲの中でも得意な進化を遂げた

カメレオン全般の生態と魅力そして飼育法について

書いていこうと思います

 

さまざまな品種についても書いていますので

御つきあい下さい

魅力

本種の魅力は何と行っても

その変わった餌の取り方と

体色の美しさ、多様性にあります

 

有名ですが長い舌で餌を捕まえる様子は

圧巻でカメレオンの飼育の楽しみと言えます

生体、豆知識等

学名カメレオン科(Chamaeleonidae)は、

爬虫綱有ウロコ目に属する科。体色を変化させ、

舌を伸ばして虫を捕るなど、

特異な爬虫類としてよく知られる。

 

英名Chamaeleonidae

分布アフリカ大陸、ユーラシア大陸南西部、コモロ、

スリランカ、セーシェル(トラフカメレオン)、マダガスカル

 

最大全長最大でおよそ2.9センチメートル

身体的特徴体型は側扁し、重心が枝の上からずれずに

バランスを取るのに役立つと考えられている。

全身のウロコは小型で、皮骨板や腹面のウロコに

皮膚腺の出る孔がない。

 

体色を瞬時に変化させることができるが、

種により変化する色には限度がある。

変色能力はカメレオン亜科は高く、

ヒメカメレオン亜科は低い傾向がある。

 

保護色の意味合いもあるが、変色する要素は主に

生理的・心理的要因が大きい(例:興奮する、

交尾を拒否する、体温を上昇させるなど)

 

視覚だけではなく、皮膚が直接反応し変色する

(体の一部を覆い強い光をあてると、覆った部分のみ

変色する。眼を覆っても同様の結果が得られる。)

 

後頭部に隆起(冠、冠突起、カスク)があり、

頭頂部の線状の隆起(頭頂稜)やその側部の隆起

(側頭稜)からなる。眼は大型で円錐形。瞼は癒着し、

ウロコで覆われる。

 

左右の眼を別々に動かすことができ、

前方の獲物に対し立体視することもできる。

カルンマカメレオン属のように頸部から肩にかけて

左右にそれぞれ皮膚の膜(後頭葉、フラップ、ローブ)

で覆われる種もいる。

 

尾は細く、多くの種でものに巻きつけることができる

(ナマクアカメレオン、ヒメカメレオン属などは

尾が短いため物に巻きつける力が弱いか物に

巻きつけることができない)

 

尾は自切しない。

四肢は細長い。

趾指は5本だが、前肢は内側の3本の指と外側の

2本の指、後肢は内側の2本の趾と外側の3本の趾が

癒合し二股になっている。

 

これにより木の枝を掴むことができる。

趾指の先には爪があり、枝に食い込ませることで

体を支えることができる。

 

性質カメレオン科は9~10属に

およそ200種が属している。

模式属はカメレオン属(Chamaeleo)

 

トカゲの仲間に含まれる群ではあるが、

一般に独自のものとして認識されている側面がある。

これは以下のような特徴が

よく知られているためである。

 

体色変化が得意で、背景の色に溶け込んで姿を

見つけるのが難しい。

両方の目をそれぞれ別個に動かすことが出来る。

尾を巻くことが出来、

それで木の枝に捕まることが出来る。

 

舌を伸ばして虫を捕る。

もっともこれは必ずしも正しくなく、

体色変化は種によって範囲が決まっているし、

その変化も必ずしも環境だけによるわけでなく、

個体の状態や感情によっても変化する。

 

一般的な関心が高く、ペットとして

飼育されることもあるが、飼育は容易ではない。

 

主に森林に生息する。ほとんどは樹上性で、

地上を歩行するのはうまくない。

しかしヒメカメレオン亜科やナマクアカメレオンは

地表棲で、後者は砂漠に生息する。

 

動きは緩怠で木の葉などに擬態する効果もあると

考えられ、驚いた際に四肢を樹上から離し

自ら下の樹上や地表に落下する種もいる。

 

オス同士では角を突き合わせる、

噛みつくなどして争う。

 

食性は動物食で、主に昆虫を食べるが、

大型種は鳥類、哺乳類も食べる。

エボシカメレオンは補助的に葉や果実などの

植物質も摂取する。

 

繁殖形態は主に卵生だが、カメレオン属や

ヒメカメレオン属には胎生の種もいる。

 

ラボードカメレオンは、約9か月間を卵で過ごした後、

孵化して2か月で成熟して繁殖し、4~5か月で死ぬ。

これは2008年時点で知られている四肢動物としては

最も短い寿命といわれる。

 

飼育方法カメレオンは珍奇な姿、

興味深い習性などもあってペットとしての需要は

かなり高い。しかしながら、飼育はかなり困難であり、

その配慮すべきポイントはかなり独特である。

 

かつては飼育がきわめて困難であるとの認識があり、

『「飼うべき生き物でない」「繁殖はおろか

長期飼育すら難しい」と言われてきた』ものであるが、

その後飼育法が次第に確立し、

現在ではそこまで言われることはない。

 

カメレオン飼育の困難さは、一般の爬虫類飼育の

苦労とはかなり異なるところにある。

以下にそのいくつかを紹介する。

 

生き餌しか食べないこと。

生きた昆虫を常時確保する必要がある。

 

慣れれば肉などを食べるものもおり、

またエボシカメレオンなどは植物質も食べるが、

ほとんどのものは生きて動くものを

与える必要がある。

 

しかも、同一のものだけを与えていると飽きて

食べなくなったり栄養バランスが崩れたりしやすい。

これはヨーロッパイエコオロギなどが餌昆虫として

導入されたことで大きく解消されてはいる。

 

容器から水を飲まない。

動くものしか認識しないのは水にも適用され、

葉の表面できらめく水滴や水面が揺らめいている

ものからしか飲まない。

 

従って、水を与えるためには霧吹きするか、

しずくが常時垂れるような装置をつけるか、

あるいは水を入れた容器にエアレーションをしかけ、

動かすなどの工夫が必要となる。

 

これらは樹上性爬虫類広範の飼育する際に

共通する部分もあるが、カメレオンは水不足になると

舌を伸ばし、餌を捕らえるのが難しくなるので、

他の爬虫類より水不足が深刻となりやすい。

 

環境の管理が難しい。熱帯性の動物であるため、

耐寒性が低いのは当然であるが

高温にも弱いものが多い。

 

さらに高地に生息する種の場合、多湿かつ

通風性を確保し、なおかつ低温で

飼育することが求められる。

 

いずれにせよ、日本の気候では年間を通じて

エアコン稼働が望ましい。

また、上から見下ろされるとストレスを感じるので

飼育者の目の高さ以上に設置する必要がある。

 

またカメレオンから見えるところに他の個体、

別のペット、餌昆虫などが見えると

それもストレスになる。

飼育方法

心構え、注意する点

カメレオンは爬虫類の中でもなかなか手間がかかります

飼育に覚悟が必要な種類です

 

特に気をつけるポイントは

湿らして蒸らさず、高山の湿っているのにさわやかで涼しい環境を

作るのが大事になってきます

 

また、暑さに弱いですが多量の紫外線も執拗になってきます

 

さらに動いていない水を水として認識出来ないので

毎日霧吹きやドリッパーで水を上げる必要があります

飼育環境

・どんな環境が必要か?

飼育環境としては、ボックス型ゲージかガラスの水槽での飼育となります。

サイズはエリオットカメレオンで幅×奥行×高さ) :60×45×60cm

それ以外のカメレオンには(幅×奥行×高さ) :90×60×45cmサイズで飼育しましょう。

 

日光浴用、およびどこにでもケージ内を移動出来るように

枯れ木などで通り道を作ってあげましょう。

枝はあまり太いと足で握る事が出来ないので、ベンジャミナのような

観葉木を植えて表面を覆い、湿度を保つと良いでしょう。

枝葉の密集したものや葉の大きいものは避けましょう。

 

ケージ

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%a9-%e7%88%ac%e8%99%ab%e9%a1%9e%e9%a3%bc%e8%82%b2%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

日本の一般家庭への設置に適したサイズ展開の機能的な飼育ケージです。

フレームは一体成型で強度は抜群。水濡れにも強いです。

前面と天井にはメタルパンチングのメッシュプレート採用し、十分な通気性を確保。

天井のプレートはマイクロメッシュ加工で小バエの侵入を防ぎます。

 

蓋になる天井部分はロック付き。前面ガラスはスライド扉式で

お手入れしやすいうえ、取り外し可能な鍵付きで生体の脱走も防げます。

こちらのサイズは、カメレオンの飼育におすすめです。

 

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×60 TOPCREATE(トップクリエイト)

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :90×60×45cm

 

床材

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%8d%a8%e3%81%a6-%e8%96%84%e5%9e%8b%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%84

使い捨て薄型ペットシーツ

 

流木

ビバリウム用流木

カメレオンは樹上棲のため、流木などを組み、

立体的なレイアウトにしましょう。

 

・温度

パンサーカメレオン:低温部27℃、ホットスポット32℃、夜間18℃、光周期:13~14時間

ジャクソンカメレオン:低温部24℃、ホットスポット28℃、夜間10℃以上、光周期:12~14時間

エリオットカメレオン:低温部22.5~26.5℃、ホットスポット29.5℃、夜間15℃、光周期:14時間

ヤマカメレオン:低温部21℃、ホットスポット25℃、夜間10℃以上、光周期:13~14時間

 

カメレオンはホットスポットを作ってケージ内に温度差を作らなければいけないため、

バスキングライトを使ってホットスポットを作りましょう。

そして低温部でも温度が低い場合、部屋全体を暖めるかパネルヒーターで調節しましょう。

 

バスキングライト

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

ZOOMED ズーメッド バスキングライト 100W

 

パネルヒーター

パネルヒーター

ケージ内の温度が最低でも21~27度前後になるようにしましょう。

 

・UV(紫外線)

 カメレオンには強い紫外線が必要となるため、UVランプが必要となります。

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%ab%ef%bc%88uvb%ef%bc%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

ビバリア スパイラルUVB デザート 26W

砂漠に棲息する爬虫類に最適な紫外線を照射! 爬虫類が生活していくには

UV(紫外線)が必要です。自然界での多くの昼行性爬虫類は、

太陽光に照らされて生活しています。

 

・湿度

カメレオンは高山の湿っているのにさわやかで涼しい、

霧の中のような環境が必要となるため80~90%を保ちましょう。

その為、霧吹き、加湿器は必須です。

 

パンサーカメレオン:50~60%

ジャクソンカメレオン・エリオットカメレオン:70~90%

ヤマカメレオン:85%、床材は常に湿っていることが必要ですが、

側面は目の細かい網にして通気を良くしなければいけません。

 

・水

カメレオンは動いていない水を水として認識出来ないので

毎日霧吹きやドリッパーで水を上げる必要があります

 

ドリッパー

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc

ビッグドリッパー BD-1 ZOOMED(ズーメッド)

 

霧吹き

kirihuki

水分補給で毎日霧吹きをしましょう。

 

加湿器

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8

KAZ/気化式加湿器 大容量タイプ/KCM6013A

連続加湿時間:約8(強)~12(弱)時間

12Lの大容量で、長時間の連続運転が可能

気化方式で、適度な加湿状態を維持

3段階の加湿量、6段階の湿度コントロール機能付き

 

ミスト発生器

%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%88%e7%99%ba%e7%94%9f%e5%99%a8

『エリアクリン』CS-P109

殺菌・除菌ドライミスト発生器です。

 

温湿度計

%ef%bd%9a%ef%bd%8f%ef%bd%8f%ef%bd%8d%ef%bd%85%ef%bd%84%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b8%a9%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e8%a8%88

温度管理と湿度管理がとっても重要になります。

そのため、温度計と湿度計の両方が一緒になっている

タイプを使うととても便利でおすすめです。

 

ZOOMED レプタイル アナログ温湿度計

ケージの側面などにペタッと貼るだけで簡単に取り付けできる

温度・湿度計です。温度の目盛りには、摂氏(せっし)と

華氏(かし)の両表示式。恒温動物である爬虫類にとって重要な

温度・湿度の管理に欠かせないアイテムです。

餌の与え方

■ヨーロッパイエコオロギ

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae2

カメレオンは生き餌しか食べないため、

生きた昆虫を餌として与えます。その中でも

よく食べることで知られているのが

ヨーロッパイエコオロギで1日1~3匹程度食べます。

 

■爬虫類用カルシウム剤(GEXエキゾテラカルシウム+ビタミンD340g:360円)

%ef%bd%87%ef%bd%85%ef%bd%98-%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%be%e3%83%86%e3%83%a9-%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0%ef%bc%8b%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%ef%bd%84%ef%bc%93-40%ef%bd%87

爬虫類はカルシウムが不足すると、

骨が変形してしまう「クル病」になってしまうので、

生き餌のカルシウム剤をまぶして与えましょう。

品種

系統的にはアガマ科に近縁とされる。

最古の化石記録は、ドイツの

バーデン=ヴュルテンベルク州から出土した

中新世のものである。以下に現生種を示す。

種数はReptiledatabaseによる。

 

【ヒメカメレオン亜科Brookesiinae】

・ヒメカメレオン属Brookesia~31種、マダガスカル

%e3%83%92%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%b1%9e-brookesia

 

品種:ミクロヒメカメレオン

%e3%83%9f%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%92%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

特徴:ミクロヒメカメレオン(学名:Brookesiamicra)

とは、ヒメカメレオン属に分類される

 

カメレオンの一種である。マダガスカル沿岸の

ノシ・ハラ島に生息する。2012年2月現在世界最小

の爬虫類とされている。その大きさはマッチの先に

乗る程度の大きさで、成長しても体長は

29ミリメートルほどにしかならない。

 

バイエルン州立動物学博物館(英語版)の

FrankGlawの調査隊が、マダガスカルの森を

8年間探査して発見した。

 

2007年には、FrankGlawらはヒメカメレオン属の

一種であることを特定し”NosyHara”と呼んでいた。

 

体が小さいことから、ギリシャ語で「小さい」を

意味する”μικρός”をラテン文字化したものを

種小名として”Brookesiamicra”

という学名がつけられた。

 

オスの体長は最大で約16ミリメートル程度で、

メスも30ミリメートルを超えることはなく、

有羊膜類の中では2012年現在確認されている中では

世界最小である。

 

同様に小さいBrookesiaminimaと比較すると、

ミクロヒメカメレオンは尾が短く頭が大きい。

トカゲの大きさはその生息環境の資源に依存すると

考えられており、島嶼矮化(英語版)と呼ばれる。

成長すると尾がオレンジ色になる。

 

ミクロヒメカメレオンは2003年から2007年の間に

マダガスカルの北部沿岸の小島で捕獲された。

日中は腐葉土の中で生息していることが多く、

夜は枝を10センチメートルほど登ってそこで眠る。

 

FrankGlawと共に調査にあたったJornKöhlerは、

ミクロヒメカメレオンが生息する地域では

違法な伐採が行われているため生息域が

破壊される危険性があると指摘する。

 

・カレハカメレオン属Rhampholeon~14種、熱帯アフリカ

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%8f%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%b1%9e-rhampholeon

 

・チビオカレハカメレオン属Rieppeleon~3種、東アフリカ

%e3%83%81%e3%83%93%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%8f%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%b1%9e9-rieppeleon

品種:チビオカレハカメレオン属Rieppeleonは、

カメレオン科に属するは虫類の一群。小型で尾の短い、

枯れ葉のような形のものを含む。

 

かつてはカレハカメレオン属Rhampholeonに

含まれ、後に独立群とされた。

現在日本でカレハカメレオンとして流通している

ものの多くはこれに含まれる。

 

特徴:カメレオン科の中にあって

一般的なカメレオンとは印象がかなり異なる

群であるヒメカメレオン亜科に含まれる。

 

小型で尾が短く、身体はほぼ褐色をしており、

外見は枯れ葉に似ている。長らくカレハカメレオン属

にまとめられていたが、2009年に独立群とされた。

 

カレハカメレオン属とは別のクレードに入ることが

遺伝子情報から示されている。

アフリカ東部の低地に分布し、森林からサバナ、

海岸近くの低木林などの地表近くに生活する。

 

この属に含まれるヒゲカレハカメレオンは、

日本でカレハカメレオンの名の下で流通するものの

中心となっている。

 

チビオカレハカメレオン属の特徴は、いずれも

全長数cmのごく小型種であり、

最も大きいものでも10cmを超えない。

 

主要な特徴はカメレオン類に共通するが、

この属とカレハカメレオン属のものは身体が

左右に扁平で、尾が短く、典型的なカメレオンの

ように枝に巻き付けたりは出来ない。

 

そのため外見が枯れ葉に似て見え、

擬態しているのだとも言われる。特に本属のものは

カレハカメレオン属よりさらに尾が短い種が多い。

ただしカルステンカレハカメレオンは

やや細長い体格で、むしろヒメカメレオン属に似る。

 

体色は褐色系統が主で、気分や周囲の条件によっては

黒褐色から明るい黄褐色程度まで変化し、斑模様が

出ることもある。特に身体に平行に褐色の条班が

出るのはこの属に特徴的で、カレハカメレオン属の

ものでは斜めに出る。

 

チビオカレハカメレオン属はアフリカ中部東岸地域

に分布する。低地の森林やサバンナ、海岸近くの

低木林などに生息する。

 

低木や草本、それに落葉層など地表近くで生活する。

タンザニア東部のカレハカメレオン類の研究では、

この属に含まれる3種がこの地域に全て生息し、

もっとも普通であるヒゲカレハカメレオンでは

生息地の最高標高は1200mであった。

 

チビオカレハカメレオン属は樹上ではなく、

下草層や地表の落ち葉層などに生息する。舌を伸ばし、

昆虫やクモ類などを捕食する。動きは概して遅い。

 

雌雄の差はあまり大きくない。卵生で、

雌は地表に浅く穴を掘り、せいぜい数卵を産み込む。

 

・R.brevicaudatusヒゲカレハカメレオン

r-brevicaudatus%e3%80%80%e3%83%92%e3%82%b2%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%8f%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

 

【カメレオン亜科Chamaeleoninae】

・Nadzikambia~2種

nadzikambia-2%e7%a8%ae

特徴:東アフリカ

 

・Kinyongia~18種

kinyongia-18%e7%a8%ae

特徴:主にケニア・タンザニア

 

・Archaius~1種

archaius-1%e7%a8%ae%e3%80%81%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab

特徴:セイシェル

 

・ハチノスカメレオン属Bradypodion~17種

%e3%83%8f%e3%83%81%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%b1%9e-bradypodion

特徴:南アフリカ

 

・カルンマカメレオン属Calumma~32種

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%b1%9e-calumma

特徴:マダガスカル

 

【カメレオン亜属Chamaeleo~14種】

・Chamaeleo

chamaeleo

特徴:アフリカ・南欧・アラビア半島

 

【ミツヅノカメレオン亜属Trioceros~42種、熱帯アフリカ】

・ジャクソンカメレオン(Chamaeleojacksonii)

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%af%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科カメレオン属

ミツヅノカメレオン亜属に分類されるトカゲ。

特徴:全長16~38センチメートル。

 

全身は不均質な粒状のウロコで覆われ、

特に頭部のウロコは大型。

後頭部を覆う皮膚の飾り(後頭葉、ローブ)がない。

 

背面の正中線上には棘状のウロコ(クレスト)があり、

尾の基部まで並ぶ。喉や腹面の刺状のウロコ

(咽頭稜、腹稜)は発達しない。

 

成体のオスは吻端に1本と額に左右1本ずつの

合わせて3本の角が生える。

興奮すると側頭部が青く変色する。

 

分類:C.j.jacksonii1896Boulangerキクユジャクソンカメレオン

全長18~25センチメートル。クレストは

亜種オオジャクソンカメレオンよりは小型。

メスにも角があるが、額の角はあまり発達しない。

 

C.j.merumontanusRand,1958タンザニアジャクソンカメレオン

全長16~18センチメートル。頭部がやや小型だが、

角は長い。額は黄色い。メスにも吻端に1本の角が

あり、額に2本の小さい角が生える個体もいる。

 

C.j.xantholophusEason,Ferguson&Hebrard,

1988オオジャクソンカメレオン最大亜種。クレストは大型。

メスは角がほとんど発達しない。

 

生態:標高1,600~2,200メートルの山地にある

森林に生息する。オス同士では噛みついたり

角を突き合わせて争う。繁殖形態は胎生。

1~3月に交尾を行う。1回に7~51匹の幼体を産む。

 

・ヤマカメレオン

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科カメレオン属

ミツヅノカメレオン亜属に分類されるトカゲ。

分布:カメルーン

 

特性:全長:20~25cm、カメルーンに生息する

2本の角を持った、いわゆる「山系」あるいは

「角系」カメレオンです。

 

これまでの図鑑では、

亜属の表記は割愛されていましたが、

今回を機に表記されることとなりました。

 

本種は、ミツヅノカメレオン亜属Triocerosに属する

カメレオンです。ミツヅノカメレオン亜属は、

カメレオン属Chamaeleoの大きなグループで、

アフリカの中西部を中心に分布している

中型のカメレオンです。

 

名前の通り1~6本の立派な角を持っている種類が

多いのが特徴です。

 

本種のオスは2本の角を持っていますが

メスにはありません。また背中線のクレストが

波打つような形で発達していて、特に尾の前半の

クレストの発達は本種の特徴の一つです。

 

写真では通常の体色がわかりませんが、

基調となる体色は黄緑色、緑、淡い青で、

体側に斜めの黄緑色の帯が入ります。

標高500~1200mの山地の森林に生息し、卵生です。

 

メスは5~20個の卵を産み、24~27℃で90~120日

で孵化するということです。

「山系」=「角系」という法則を、

まさに名前で体現している種類です。

 

・パンサーカメレオン

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

分布:マダガスカル北部、レユニオン

特徴:最大全長52cm。メスよりもオスの方が

大型になり、メスの全長は最大でも30cm程度。

 

後頭部にあるトサカはあまり発達しない。

種小名pardalisは「ヒョウ」の意で、

和名や英名と同義。

 

オスは地域によって色彩が大きく異なるが、

メスは褐色の個体が多く地域変異はあまり

見られない。またオスには吻端に瘤状の突起がある。

 

主に低地の原生林に生息するが、二次林でも見られる。

食性は動物食で、昆虫類や節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生で、1回に10~46個の卵を

土中に産む。

 

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科

フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

別名スパイニーカメレオン。

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

分布:マダガスカル南部から西部

特徴:最大全長55cm。メスよりもオスの方が

大型になる。体色は灰色や褐色が中心。

皮膚には丸い大型ウロコが混じる。

 

種小名verrucosusは「疣(いぼ)のある」の意で、

この大型ウロコに由来すると思われ英名

(Warty=疣のある)と同義。

またこの大型ウロコがボタンのように

見えることが和名の由来。

 

正中線上には鋭く大型の棘状のウロコ(クレスト)

が並び、英名(Spiny=棘のある)の由来と

なっている。オスの方がトサカやクレストが発達する。

 

砂漠やサバンナの乾燥した森林に生息する。

食性は動物食で、昆虫類や節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生で、1回に30~50個の卵を

1~2回に分けて土中に産む。

 

・カーペットカメレオン

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

分布:マダガスカルの広範囲に生息する。

特徴:カーペットカメレオンはマダガスカルの

広範囲に生息する一番ポピュラーな中型の

カメレオンです。

 

メスの模様がペルシャ絨毯のように綺麗なので

この名がありますがオスもグリーン基調で

とても綺麗なカメレオンです。

 

全長は25cm前後で、オスはメスより

2周りほど大きくなります。

 

また、活動的な種である事から、

食欲も旺盛であり、拒食をする事は殆どありません。

飼育に向くカメレオンですが、

協調性の良い性格ではない為、単独飼育が必要です。

 

・マダガスカルジャイアントカメレオン

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

分布:マダガスカルの広範囲に生息する。

特徴:世界最長のカメレオンです。

 

・カンパニーカメレオン

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%b3

品種:爬虫綱有ウロコ目カメレオン科

フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

分布;マダガスカルの中央部に生息する小型の

カメレオンです。

 

特徴:いわゆるジュエルカメレオンと呼ばれる

メスの方が派手になるタイプの代表種です。

オスの婚姻色は淡い褐色地の胴体に白色の

ストライプが走り、白色の大型ウロコが

スポットとして多数並んでいます。

 

これに対し、メスはさらに青、赤、緑が加わり

非常に鮮やかになります。

 

生息環境は

標高1800~2300mの高地の低木林ですが、

冬季には0℃にまで温度が下がることが

知られていて、他のカメレオンよりも低温に対する

耐性が強いと考えられています。

 

卵生で6~16個の卵を産むことが知られています。

卵の孵化期間は200日以上と長いようですが、

7~10週間程度で孵化するという情報もあります。

非常に鮮やかな色彩で人気が高い種類ですが、

流通量が少ないため比較的高価なカメレオンです。

 

生息環境からもわかるように、低温に対する耐性が

強いと思われるだけでなく、極端な高温には弱いようで

飼育する際の温度設定には注意が必要です。

 

また、昼夜の温度差やケース内での

温度勾配の設定も必要といわれていて、

比較的飼育難易度は高いと思われています。

 

しかし一方で、低温の耐性が強いということだけで、

温度差の必要性はなく、特にCBは非常に丈夫で

飼育しやすいとも言われています。

 

たくさんのカメレオンを見たり

ふれあったりするなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

樹上棲イグアナの飼育と餌の与え方

フタホシコオロギ

関連記事

  1. オマキトカゲの生態と飼育

    こんにちは!(^^)/乾燥肌過ぎてかかとがフトアゴヒゲトカゲのような福田です☆今回は、怖すぎる顔がチ…

  2. インドシナウォータードラゴンの生態と飼育

    よく聞くけど実はあまり知らない...なんて方も多いインドシナウォータードラゴン。名前にド…

  3. フトアゴヒゲトカゲの寿命

    フトアゴヒゲトカゲの寿命 はじめに今回はフトアゴヒゲトカゲの寿命についてお話したいと思い…

  4. フトアゴヒゲトカゲのモルフと品種について

    今回はフトアゴヒゲトカゲの色、柄、品種についてお話したいと思います。フトアゴヒゲトカゲの…

  5. ヨロイトカゲの飼育と餌の与え方

    全身を鎧で覆われた恐竜のようなトカゲ、それがヨロイトカゲですヽ(*´∀`)ノかっこよさと…

  6. モモジタトカゲの生態と飼育

    こんにちは(^^)/爬虫類たちの尻尾攻撃がクセになってきてしまった福田です☆…

  7. エジプトトゲオアガマの生態と飼育

    特徴的な尾、美しい体色、ぷにぷにのお腹。そして何より渋い顔つきが可愛すぎるトゲオアガマ!たくさんの種…

  8. トーマストゲオアガマの生態と飼育

    こんにちは(*'▽')フトアゴヒゲトカゲの顔マネが得意な福田です☆今回は、宇…

カテゴリー

PAGE TOP