ヤドクガエル

魅力

生態、豆知識等

和名:ヤドクガエル(科)

学名:Dendrobatidae

英名:Dendrobatidae

分布:北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸、ハワイ(オアフ島)

 

最大全長:ヤドクガエル属の場合最大種アイゾメヤドクガエルでも

6cm程と主に小型種で形成される。

 

身体的特徴:体色は属によっては鮮やかで後述の毒を保有することによる

警戒色とされる。弱毒種でも体色の派手な種が存在するが、

これは強毒種に偽装したベイツ型擬態とされる。

 

毒はアルカロイド系の神経毒で、20μgで人間の大人を死に至らしめるという、

生物が持つ毒ではパリトキシンに次いで危険とされるバトラコトキシンのほか、

ヒストリオニコトキシン、プミリオトキシン等を持つ種がある。

 

特にバトラコトキシンを備えるフキヤガエル属の3種は最も危険とされ、

モウドクフキヤガエル Phyllobates terribilis(皮膚に絶えず毒素を分泌しており、

触ることも危険)、ココエフキヤガエル(ココイヤドクガエル)

Phyllobates aurotaenia、アシグロフキヤガエル(ヒイロフキヤガエル)

Phyllobates bicolorはこの順に毒が強く、命に関わることもある。

 

ただしこれ以外の種ではそこまで強毒を持つ種は少なく、無毒種もいる。

これらの毒は生息地を同じくするアリやダニ等から摂取して貯蓄

もしくは体内で変成される。そのためコオロギやショウジョウバエ等を

餌に長期飼育された個体や飼育下繁殖個体では毒を持たないとされる。

 

生態:低地の熱帯雨林から高山の雲霧林等に分布する。

食性は動物食で昆虫類、節足動物等を食べる。また、同じ

ヤドクガエル科でも、種類によって繁殖形態が多様化しているのも特徴である。

ふつうのカエルのように水たまり、沼、川などに産卵するものもいるが、

樹洞や着生植物の葉の間などのわずかな水場に産卵するものもいる。

 

このような狭い水環境では幼生(オタマジャクシ)の食べる餌にも

事欠いてしまうが、幼生が餌を摂らずにカエルまで成長するもの、

メスが産む無精卵を食べて成長するもの、親が卵や幼生を背負って

適した水場まで移動するものなど、幼生を成長させるための様々な適応が見られる。

 

かつて先住民がフキヤガエル属の内、数種からの毒を抽出し吹き矢に塗って

矢毒とし狩猟等に用いたことが名前の由来となっている。

有毒種のため、ペットとしては敬遠されていた。

 

しかし種によっては飼育も易しく、カエルの中でも飼育下での繁殖例も多い。

そのため毒を持たない繁殖個体が流通し、

派手な体色からペットとしてのヤドクガエルの人気が高まっている。

 

飼育方法は観葉植物や苔を植え込んだテラリウムを維持するといったもので、

生物を飼育するより、生物が生息する環境を

飼育するといった感じに近いものがある。

 

縄張り意識が強い種もいるため、カエルの大きさや数にもよるが、

体長6cm以下のカエルのペアに対して60cm規格水槽など、

大型のケージが必要とされる。

 

長期飼育された個体や飼育下繁殖個体は毒を持たないとされるが

万が一の可能性もあるためなるべく素手では持たないようにし、

万が一素手で触ってしまった場合はすぐに手を洗うようにする。

また、カエルにとっても人間の体温は高温過ぎるため、

素手での接触は禁忌である。

 

原産地は北米南部から中南米にかけてであるがハワイ・オアフ島にも

害虫駆除の目的で移植され、帰化生物として繁殖している。

飼育方法

心構え、注意する点

飼育環境 イラスト、写真、動画

・どんな環境が必要か?

ヤドクガエルの中でも中央・南アメリカに生息する種は、

自然界で最も強い毒素を持っているため、飼育の際には注意が必要です。

トリオで飼育する場合で、ケージの最低飼育サイズは60×30×45cm。

 

木に登るカエルのため、植物を植える場合には高さが必要となります。

大型種の場合、最低でも75×45×60cmのケージを用意しましょう。

 

ケージ

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%a9-%e7%88%ac%e8%99%ab%e9%a1%9e%e9%a3%bc%e8%82%b2%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

カエルを飼う場合ケージは必要ですが、

成体のサイズによっては 100円ショップの虫かごでも問題ありません。

 

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×60

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :90×45×60cm

 

床材

%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%bc-%e7%88%ac%e8%99%ab%e9%a1%9e%e7%94%a8%e5%93%81-%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%ab-1kg

スドー 爬虫類用品 フロッグソイル 1Kg

水中ではなく、湿った土や落ち葉の中に潜んで生活している

ヤドクガエルを代表とする半地中性・地表性のカエル用床材です。

生息地のようなしっかりとした地表を再現することで健全な体をつくります。

 

流木

ビバリウム用流木

樹上棲カエルのためツリーフロッグタイプの飼育でハイタイプのケージに

流木などを組み、立体的なレイアウトにしましょう。

 

・温度(日中で23℃~27℃度、夜は20~21℃)

 

パネルヒーター

パネルヒーター

春から秋にかけては加温の必要はありません。

冬場はヒーターを入れて通年飼育となります。

ケージの下にパネルヒーターを敷き、

ケージ内の温度が20度以上25度前後になるようにしましょう。

 

保温電球

保温電球

電球タイプの保温器具です。冬場にケージ内を温めるのに使用しますが、

スチール製のカバーで保護されているのでクレステッドゲッコーが

直接電球に触れない安全対策になっています。

 

サーモスタット

サーモスタット

サーモスタットと保温電球を接続することで、 ケージ内が

25度~30度になるように温度制御が出来る機器です。

 

・湿度90%

 毎日水を吹きかけます。

 霧吹き、加湿器が必要です。

 床材には保湿性のあるものを使用しましょう。

 

霧吹き

kirihuki

水入れは設置した方がよいですが、水分補給で一日に一回、

夜に霧吹きをしましょう。

 

加湿器

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8

KAZ/気化式加湿器 大容量タイプ/KCM6013A

連続加湿時間:約8(強)~12(弱)時間

12Lの大容量で、長時間の連続運転が可能

気化方式で、適度な加湿状態を維持

3段階の加湿量、6段階の湿度コントロール機能付き

 

水入れ

mizuire

水場と霧吹きや水換えが必要です。

樹上性のカエルは普段水に入ることは無いのですが、

給水の為におなかを水に浸ける事がありますので水入れは必須となります。

 

ピンセット

pinnsettto

餌やり用のステンレスピンセットが必要となります。

餌 餌の与え方

ヤドクガエルの餌は、粉末栄養剤をまぶしたショウジョウバエ、

コオロギ、緑のアブラムシなどを食べます。

時々小さなハチノスツヅリガの幼虫、ホワイトワーム、

コクゾウムシの幼虫などを与えます。小型種の子ガエルには、

トビムシが有効で、毎夕定期的に餌を与えましょう。

 

■コオロギ

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae2

ヨーロッパイエコオロギは、ヨーロッパ原産のコオロギです(略してイエコ)

爬虫類・両生類を初めとした多くの動物の生餌として用いられます。

同じく生餌として用いられるフタホシコオロギと比べて「寿命が長い」

「共食いしにくい」などの利点があります。飼育は簡単で、

プラケースや衣装ケースなどの容器で飼うことができます。

 

水切れに弱く、水を切らすと大量死させてしまうこともあります。

逆に、水をこぼしたりして常に湿った状態になると アンモニアが大量発生し

大量死につながる事があります。 飼育容器が小さい場合・隠れ家が少ない場合には

共食いをする恐れがありますのでご注意下さい。

フタホシコオロギは、東南アジア周辺に生息するコオロギです。

 

爬虫類・両生類を初めとした多くの動物の生餌として用いられます。

同じく生餌として用いられるヨーロッパコオロギと比べて「体重が重い」

「動きが鈍い」などの利点があります。飼育は簡単で、プラケースや

衣装ケースなどの容器で飼うことができます。

 

ヨーロッパイエコオロギに比べ水切れに弱く、水を切らすと

大量死させてしまうこともあります。逆に、水をこぼしたりして

常に湿った状態になるとアンモニアが大量発生し 大量死につながる事があります。

飼育容器が小さい場合・隠れ家が少ない場合には

共食いをする恐れがありますのでご注意下さい。

 

生餌お試しセット イエコ・フタホシ Mサイズ2種セット

http://store.ponparemall.com/charm/goods/200911/?vos=evppmpo0030x33368585&gclid=CNf4trml2dACFQt7vQodscoDVQ

 

■ハニーワーム(ハチノスツヅリガの幼虫)

%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%a0

高栄養・高脂肪のハニーワームです。

なかなか餌を食べない個体や繁殖前の個体などにオススメです。

生体の性質上商品到着時マユを作っている場合がございます。

長期保存の際は冷蔵庫等の冷暗所での保管をお勧めいたします。

マユを開いて中の幼虫を与えていただければ問題ありません。

http://store.ponparemall.com/charm/goods/22131/?vos=evppmpo0030x33372740&gclid=CMi14sqH59ECFYWXvAoda_EK8Q

 

■栄養添加剤

%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e5%89%a4

爬虫類・両生類専用ビタミン添加剤ビタミン・ミネラル・アミノ酸含有、

ミネラオールとの併用をおすすめします。

◆ビタミン類などを効率良く摂取できるガットローディング方式

(エサとなる昆虫類などにビオタールを与え、そのエサを生体に与える)

でビタミン過剰症を防ぎます。

 

http://item.rakuten.co.jp/pets/4995723003925/?l2-id=pdt_overview_spage#10090134

 

■シロトビムシ

%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%88%e3%83%93%e3%83%a0%e3%82%b7

上陸直後の幼体から大型個体まで、非常に嗜好性の強い餌です。

 

■キイロショウジョウバエ

%e3%82%ad%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%90%e3%82%a8

小型種や幼体に最適です。飛びませんので扱いが容易です。

http://www.terribilis.jp/category/1541058.html

 

品種

ヤドクガエル科(矢毒蛙科、Dendrobatidae)は、

両生綱無尾目に属する科の1つ。コバルトヤドクガエルと

アイゾメヤドクガエルなど、9属200種以上が知られている。

 

Allobates属

Aromobates属

コオイガエル属 Colostethus

Cryptophyllobates属

ヤドクガエル属 Dendrobates

・Dendrobates auratus マダラヤドクガエル Green and black poison dart frog

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates azureus コバルトヤドクガエル Blue poison dart frog

%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates fantasticus ズアカヤドクガエル

%e3%82%ba%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates galactonotus セマダラヤドクガエル

%e3%82%bb%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates histrionicus ハイユウヤドクガエル Harlequin poison dart frog

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a6%e3%82%a6%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates imitator マネシヤドクガエル Imitator poison dart frog

%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates lehmanni アカオビヤドクガエル

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%93%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates leucomelas キオビヤドクガエル Yellow-banded poison dart frog

%e3%82%ad%e3%82%aa%e3%83%93%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates pumilio イチゴヤドクガエル Strawberry poison dart frog

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%b4%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates tinctorius アイゾメヤドクガエル Dyeing poison dart frog

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%be%e3%83%a1%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates truncatus リンカクヤドクガエル

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

・Dendrobates ventrimaculatus アマゾンヤドクガエル Amazon poison frog 等

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%a4%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%ac%e3%82%a8%e3%83%ab

 

Epipedobates属

Minyobates属

Mannophryne属

フキヤガエル属 Phyllobates

 

たくさんのヤドクガエルを見たり

ふれあったりするなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

アフリカウシガエル

イエアメガエル

関連記事

  1. フタイロネコメガエル

    魅力生態、豆知識等別名 ジャイアントネコメガエル分布 ガイアナ、コロンビア、スリナム、ブラジル、ベネ…

  2. ベルツノガエルの生態と飼育

    でっぷりとしたフォルムとパクパク食べる可愛い姿が人気のベルツノガエル。両生類初心者にもおすすめできる…

  3. アカメアマガエル

    魅力生態、豆知識等別名 Agalychnis callidryas分布 グアテマラ、コスタリカ、ニカ…

  4. ホワイトアマガエル

    魅力生態、豆知識等別名 ホワイトアマガエル分布 インドネシア(ニューギニア島南部)、オー…

  5. モリアオガエル

    魅力生態、豆知識等別名 キタアオガエル(個体群として)分布 茨城県を除く本州全域と佐渡島に分布し、各…

  6. ジュウジメドクアマガエル

    魅力生態、豆知識等別名 Phrynohyas resinifictrix分布 エクアドル、スリナム、…

  7. バジェットガエル(マルメタピオカガエル)

    魅力生態、豆知識等和名:バジェットガエル(マルメタピオカガエル)学名:Lepidobatrachus…

  8. イエアメガエル

    魅力生態、豆知識等和名:イエアメガエル別名:ホワイトアマガエル、家雨蛙、Litoria caerul…

カテゴリー

PAGE TOP