ジュウジメドクアマガエル

魅力

生態、豆知識等

別名 Phrynohyas resinifictrix

分布 エクアドル、スリナム、ブラジル北部、

フランス(仏領ギアナ)、ベネズエラ、ボリビア

生態 森林に生息し,樹上性のカエルです。

 

全長 8cm

最大全長 10cm

平均寿命 4~5年

基本的な性質 虹彩は黄色で、十字状の黒い斑紋が入ることが

和名の由来です。 体色は変異があり、胴体や四肢には

暗色の太い横縞が入ります。成長に伴って皮膚にイボが現れます。

外敵に襲われると皮膚から乳白色をした粘着質の毒液を分泌します。

飼育方法

・どんな環境が必要か?

飼育サイズは1頭あたり90×45×75cmが必要で、

水場の水深は2.5cm程度です。

 

ケージ内のレイアウトは木の枝や隠れ家が必要で、

コルクバーグの板や、植物などを入れ、

樹上生活に合った環境を作りましょう。

 

ケージ

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%a9-%e7%88%ac%e8%99%ab%e9%a1%9e%e9%a3%bc%e8%82%b2%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×60

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :90×45×60cm

 

床材

パームマット

底床はヤシガラなどの保湿性のあるものが適していますが、

パームマットも人気があります。

 

隠れ家

%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0

床材の上にコルクバーグの隠れ家を置きましょう。

 

枝や植物

%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e6%a4%8d%e7%89%a9

%e6%b5%81%e6%9c%a8

 

・温度(日中で22℃~26.5℃度、夜は18℃)

 光周期:14時間

 

パネルヒーター

パネルヒーター

春から秋にかけては加温の必要はありません。

冬場はヒーターを入れて通年飼育となります。

ケージの下にパネルヒーターを敷き、

ケージ内の温度が20度以上25度前後になるようにしましょう。

 

・湿度80%

 毎日水を吹きかけます。

 

霧吹き

kirihuki

水入れは設置した方がよいですが、水分補給で一日に一回、

夜に霧吹きをしましょう。

 

加湿器

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8

KAZ/気化式加湿器 大容量タイプ/KCM6013A

連続加湿時間:約8(強)~12(弱)時間

12Lの大容量で、長時間の連続運転が可能

気化方式で、適度な加湿状態を維持

3段階の加湿量、6段階の湿度コントロール機能付き

 

ピンセット

pinnsettto

餌やり用のステンレスピンセットが必要となります。

餌 餌の与え方

ジュウジメドクアマガエルの餌は、コオロギなどの昆虫を与えるが、

大型個体には ピンクマウスなどを与えることもできる。

ピンクマウスを与える場合は消化に時間がかかるため、

昆虫を与える時よりも給餌間隔を空ける。

 

あまり餌を与えなくても大丈夫そうな印象を

持ちますが、非常に高カロリーな餌を必要とします。

コオロギ、ミルワームなどの昆虫、メダカ、ドジョウ、

金魚等の魚類、マウス・人工飼料など

いろいろな種類を餌として食べます。

餌を昆虫のみを与えた場合、

栄養不足になる傾向がありますので、

出来るだけ高カロリーな餌を与えましょう。

幼体時にはパックマンフードのみで問題ありません。

 

生きた餌を与えるのに抵抗がある方にも

飼育可能なので、おすすめの餌です。

餌を与える頻度も、ジュウジメドクアマガエルは

毎日餌を求めないので、間隔をおいて与えましょう。

餌の量は、10円玉位の幼体であれば1回に

メダカで13匹、マウスでピンクの

一番小さいサイズを半分~1匹、

パックマンフードであればパチンコ玉くらいを

目安に与えましょう。

 

生後、12年以上経ったジュウジメドクアマガエルであれば、

1週間~1か月に1回の給餌間隔で大丈夫です。

特にジュウジメドクアマガエルは成長するに従って

新陳代謝が落ちてきますので、給餌間隔も開いていきます。

 

幼体の時は13日おきくらいに給餌しますが、

1年以上育った個体は週に1回程度で大丈夫です。

パックマンフード

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%892

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89

PacmanFoodパックマンフード8oz(226.8g)カエル用

ジュウジメドクアマガエルをはじめとする

地表棲のカエルの餌付けに最適な栄養バランスに

優れた粉末状フードです。

 

少量の水で練り込み団子状にしたものを

個体の口に入る大きさにして

食べきる程度の量を与えてください。

練り込んだ餌をピンセットなどで摘まんで個体の口元へ。

 

マウスやコオロギに抵抗がある方にも

大変おすすめです!

http://item.rakuten.co.jp/chanet/66545/

 

ピンクマウス

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9

冷凍富城ピンクマウスL(10匹)×5(約4cm)冷凍マウス

無菌室で育成!

猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始め

あらゆる肉食ペット用

ピンクマウスも食べますが、内臓疾患を引き起こす

こともあるため注意が必要です。

http://item.rakuten.co.jp/chanet/22175/

繁殖

繁殖形態は卵生で、水面の上に垂れ下がる葉に1回に10~70個のゼラチン質に

覆われた卵を産みます。幼生は孵化するとそのまま下の水場へ落ちそこで生活します。


病気

■眼の疾患:外傷性、細菌や真菌の感染による角膜炎になることがあります。

■脱水症:両生類の皮膚は、水分を吸収しやすい反面、皮膚から水分の蒸散も

簡単に起きてしまいます。水入れや霧吹きを欠かさないように気を付けましょう。

■皮膚の疾患:カエルの皮膚は薄く繊細で怪我や抵抗力の低下によって

容易にバクテリアの感染を引き起こします。

■外傷:カエルの皮膚は再生力が強いので直ぐに修復されますが、

細菌の感染を受けると傷は広がっていってしまい全身性の菌血症に

移行してしまうこともあります。日常からケガを負わないように注意しましょう。

 

 

たくさんのジュウジメドクアマガエルを見たり

ふれあったりするなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

アカメアマガエル

イエアメガエルの生態と飼育

関連記事

  1. フタイロネコメガエル

    魅力生態、豆知識等別名 ジャイアントネコメガエル分布 ガイアナ、コロンビア、スリナム、ブラジル、ベネ…

  2. クラウンウェルツノガエルの生態と飼育

    どうも!生き物が居すぎて友人を家に招くと「な、なんか独特な臭いがするね…」と言われる鰐です!&nbs…

  3. ニホンアマガエル

    魅力生態、豆知識等別名 Hyla japonica分布 日本、朝鮮半島、中国東部まで広く分布。日本で…

  4. イエアメガエルの生態と飼育

    こんにちは!もすです!子供の頃、飼っていたアマガエルのごはんにと釣り餌のシロサシを買いましたが、シロ…

  5. バジェットガエル(マルメタピオカガエル)

    魅力生態、豆知識等和名:バジェットガエル(マルメタピオカガエル)学名:Lepidobatrachus…

  6. ヤドクガエルの飼育と餌の与え方

    はじめにヤドクガエルとは、主にブラジルやコロンビアなどの南米の熱帯雨林に生息するカエルで…

  7. アフリカウシガエルの生態と飼育

    おはこんばんわ!我が家のアフリカウシガエルは飼った当初オスだと思い込み「ガマ親方」となずけましたが、…

  8. モリアオガエル

    魅力生態、豆知識等別名 キタアオガエル(個体群として)分布 茨城県を除く本州全域と佐渡島に分布し、各…

カテゴリー

PAGE TOP