モリアオガエル

魅力

程よくボリュームがあり、大きな目がとても可愛いらしいです!

普段と餌を食べる時のギャップがまた愛らしいですよ!

生態、豆知識等

別名 キタアオガエル(個体群として)

分布 茨城県を除く本州全域と佐渡島に分布し、各地で天然記念物に指定されています。

生態 モリアオガエルの生態における最大の特長は、樹上で行動し

常に森の中で生活するカエルであるということです。

産卵期に水辺に集まった時にその姿を見ることが出来ます。

 

全長 5~8cm

最大全長 オス42~62mm、メス59~82mm程度

平均寿命 4~5年

 

基本的な性質

モリアオガエルは絶滅危惧種に指定されていて、

綺麗な黄緑に金色の目、愛らしいシルエットが人気の種です。

性格はおとなしくて人を恐れない性格です。

飼育方法

・どんな環境が必要か?

モリアオガエルは山地で多く見られ、非繁殖期はおもに

森林に生息するが、繁殖期の4月から7月にかけては

生息地付近の湖沼や水田で湿地に集まります。

 

その為、飼育環境は湿度の高い環境でケージサイズは

60×45.5×45.5cm程度で問題ありません。

湿度を高めるために、霧吹き、加湿器が必要です。

樹上性で夜行性のため、自然光は必要なく、木や植物が必要となります。

 

ケージ

60x45

フタがしっかり閉まる中型以上のプラケースであれば問題ありません。

複数飼う場合には1つのプラケースで3匹程度をおすすめします。

 

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■パンテオンブラック BK6045

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :60×45.5×45.5cm

 

床材

パームマット

底床はヤシガラなどの保湿性のあるものが適していますが、

パームマットも人気があります。


流木

ビバリウム用流木

樹上棲カエルのためツリーフロッグタイプの飼育でハイタイプのケージに

流木などを組み、立体的なレイアウトにすると良いです。

 

・温度(日中で25.5℃~26.5℃度、夜は23℃)

 フルスペクトル(UVB)ライトと保温用ランプ

 光周期:14時間

 

パネルヒーター

パネルヒーター

春から秋にかけては加温の必要はありません。

冬場はヒーターを入れて通年飼育となります。

ケージの下にパネルヒーターを敷き、

ケージ内の温度が20度以上25度前後になるようにしましょう。

 

UVライト

カエルには紫外線はあまり必要ありませんが、昼夜のリズムとケージ内に置いた植物の生育にも役立つのでUVライトは設置しましょう

 

・湿度90~95%

 毎日水を吹きかけます。

 

水入れ

mizuire

水場と霧吹きや水換えが必要です。

樹上性のカエルは普段水に入ることは無いのですが、

給水の為におなかを水に浸ける事がありますので水入れは必須となります。

 

霧吹き

kirihuki

水入れは設置した方がよいですが、水分補給で一日に一回、

夜に霧吹きをしましょう。

 

加湿器

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8

KAZ/気化式加湿器 大容量タイプ/KCM6013A

連続加湿時間:約8(強)~12(弱)時間

12Lの大容量で、長時間の連続運転が可能

気化方式で、適度な加湿状態を維持

3段階の加湿量、6段階の湿度コントロール機能付き

 

ピンセット

pinnsettto

餌やり用のステンレスピンセットが必要となります。

餌 餌の与え方

モリアオガエルの餌は、コオロギやワームなどの活きた昆虫を与えるが、

ピンセットに慣れた個体には ピンクマウスなどを与えることもできる。

ピンクマウスを与える場合は消化に時間がかかるため、

昆虫を与える時よりも給餌間隔を空ける。

コオロギ、ミルワームなどの昆虫は基本で、ピンセットから食べる個体であればマウス・人工飼料などいろいろな種類を餌として食べます

以下はピンセットからの餌やりが可能な場合おすすめの餌を紹介します!

■パックマンフード

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%892

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89

PacmanFoodパックマンフード8oz(226.8g)カエル用

カエルの餌付けに最適な栄養バランスに

優れた粉末状フードです。

 

少量の水で練り込み団子状にしたものを

個体の口に入る大きさにして

食べきる程度の量を与えてください。

練り込んだ餌をピンセットなどで摘まんで個体の口元へ。

 

マウスやコオロギに抵抗がある方にも

大変おすすめです!

http://item.rakuten.co.jp/chanet/66545/

 

■ピンクマウス

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9

冷凍★富城ピンクマウスL(10匹)×5(約4cm)冷凍マウス

無菌室で育成!

猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始め

あらゆる肉食ペット用

 

ピンクマウスも食べますが、内臓疾患を引き起こす

こともあるため注意が必要です。

http://item.rakuten.co.jp/chanet/22175/

繁殖

繁殖期になるとメスの背中にオスがしがみつき産卵行動が始まります。

卵塊の形成が進むに連れて1匹のメスに数匹のオスが群がる場合が多いです。

産卵・受精が行われると同時に粘液が分泌されるが、この粘液を集まった

オスメスが足でかき回し、受精卵を含んだ白い泡の塊を作ります。

 

直径10~15 cmほどの泡の塊の中には黄白色の卵が

300~800個ほど産みつけられます。

約1週間ほど経って卵が孵化し、泡の塊とともに

下の水面へ次々と落下します。

 

病気

■眼の疾患:外傷性、細菌や真菌の感染による角膜炎になることがあります。

 

■脱水症:両生類の皮膚は、水分を吸収しやすい反面、

皮膚から水分の蒸散も簡単に起きてしまいます。

水入れや霧吹きを欠かさないように気を付けましょう。

 

■皮膚の疾患:カエルの皮膚は薄く繊細で怪我や抵抗力の低下によって

容易にバクテリアの感染を引き起こします。

 

■外傷:カエルの皮膚は再生力が強いので直ぐに修復されますが、

細菌の感染を受けると傷は広がっていってしまい全身性の菌血症に

移行してしまうこともあります。日常からケガを負わないように注意しましょう。

 

たくさんのモリアオガエルを見るなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

関連記事一覧