ロージーボアの生態と飼育

こんにちは!

ティファニーとブルーイグアナのコラボ化を待ち続けている福田です(・_・)

 

今回は、ストライプがオシャレ☆★大型ヘビより小型ヘビ派の皆様におすすめの、ロージーボアを紹介します♬

 

学名

和名:ロージーボア

学名:Lichanura trivirgata (Charina trivirgata)

英名:Rosy Boa

 

分類

:有鱗目 Squamata

亜目:ヘビ亜目 Serpentes

:ボア科 Boidae Gray, 1825

亜科:スナボア亜科

:ラバーボア属

 

分布(生息地)

地域

アメリカ合衆国のカリフォルニア州、アリゾナ州、また、カリフォルニア半島やメキシコ北西部に分布しています。

 

環境

半砂漠地帯や低木の茂み、乾燥した岩場に棲息し、近くに水辺がある環境を好みます。

 

飼育下でも、特にベビーの頃はケージ内の一部に湿った場所を作ると良いでしょう。

スナボアの仲間ですが、地中性ではなく地上性です。そのため登り木は必要ありません。

身を隠せるシェルターを設置したり、床材は潜りやすい細かい砂やウッドチップがおすすめです(^O^)

 

生態、特徴

大きさ

最大で100cm程です。

通常は60cm~70cmと、あまり大きくなりません。

 

身体的な特徴

滑らかな光沢のあるウロコに、色のはっきりした三本のストライプ模様が特徴的です。

胴体は太く頭は小さいので、典型的なボアの体型をしています。

 

食性

動物食です。

マウスやウズラ等を与えましょう。

 

ロージーボアの分類

産地によって種類を分けていますが、見た目でほぼ区別できないため分類はかなり混沌としています。

・メキシカンロージー

・ミッドバハロージー

・アリゾナロージー

・デザートロージー

・カリフォルニアロージー

・コースタルロージー

・イスラセドロージー

の7つに分類するという意見もあれば、カリフォルニアロージー、イスラセドロージーを抜かした5つだという意見もあり、3つという意見もあり…

とにかくややこしくなってしまっている現状なので、

全て「ロージーボア」で統一していいのではないか、と個人的に思います(;’∀’)

 

繁殖
卵胎生です。

ボア科でも、卵生のもの、卵胎生のものがいます。

ブリーダーは産地ごとに分けて繁殖することがあります。

 

魅力

小型で飼育しやすい!これが魅力です(^^♪

動きは遅く、個体差はありますが比較的温和、さらに丈夫!!

 

そして以前よりも輸入頻度が減ったため、価値が高くなってきています。

見かけることが難しくなったけれど、その分レア感がありますよね。

 

体色もカラフルです♬

こんな赤ラインの個体や、

ブラウンラインの個体、

白い体に黒ラインが映える個体、

個体差によって様々です。

おしゃれなヘビですね(*^^*)

 

飼育方法、餌

こちらを参考にしてください(*’▽’)

ボールパイソンの餌とその与え方

 

種類、品種(モルフ)

品種

アルビノ

黒色素が抜けて淡い体色です。

 

種類

ラバーボア

全身オリーブ色です。

ゴムのような手触りなので、「ラバー(ゴム)ボア」という名前がつけられました。

 

販売、価格、入手方法

店舗

爬虫類専門店 ふくみず

http://fukumizu.ocnk.net

 

woodbell

http://woodbellkakaku.cart.fc2.com

 

イベント

ジャパンレプタイルズショー

http://www.rep-japan.co.jp/jrs/index.html

こちらはJRSや夏レプ、ジャパレプと呼ばれています。

毎年8月に静岡で開催されているイベントです。

 

BLACK OUT

https://www.blackout1999.com/

関東だと浅草・横浜・埼玉、関西は大阪・京都・神戸等で開催されています。

 

値段

以前より値段が上がり、現在は3万円前後です。

 

まとめ

アメリカ出身のヘビらしく、派手で華やかです!

素敵なレイアウトで飼育すれば、インテリアのようにもなります(*‘ω‘ *)

 

流通が不安定なので、爬虫類を扱った店舗の入荷状況をチェックしておきましょう!

 

アミメニシキヘビの生態と飼育

ボアコンストリクターの生態と飼育

関連記事

  1. ベーレンパイソンの生態と飼育

    ヘビ好きなら一度は憧れる究極のパイソン、通称ベーレン様!その美しい体表にはまさに神秘的な魅力を感じま…

  2. ボールパイソンの寿命

    ボールパイソンの平均寿命は15~20年と言われています。長生きな個体で30年、記録では40年生きたボ…

  3. ニホンカナヘビの生態と飼育

    都会の片隅にひょっこり現れ、その可愛らしさに疲れが吹き飛んでしまった経験がありませんか。…

  4. グリーンパイソンの生態と飼育

    美しさとかっこよさを兼ね備えたスリル満点のグリーンパイソン!飼ってみたいけどちょっと怖い...という…

  5. ボールパイソン まとめ

    ボールパイソンの生態と魅力ボールパイソンの飼育環境 必要機材&n…

  6. ボールパイソンの餌とその与え方

    ボールパイソンの好む餌の種類ボールパイソンの餌として主流なものは、大きくわけて2種類あります。&nb…

  7. テキサスラットスネークの生態と飼育

    おはこんばんわ!海外に爬虫類採取に行けると聞き、パスポートを更新し、まだパスポート引き取りに行ってい…

  8. コーンスネークの飼育環境と必要設備

    はじめにコーンスネークは星の数ほどいるヘビの中でも特に温和で丈夫な飼いやすい、アメリカ原産のヘビです…

カテゴリー

PAGE TOP