コーンスネークの生態と魅力

はじめに


ナミヘビの中でもポピュラーでカラーも豊富、とってもチャーミングなヘビ、コーンスネーク。


今回はそんなコーンスネークのことを詳しく説明していきます!

名前


彼らはコーンスネーク(学名:Elaphe guttata)といいます。


これはお腹の模様がまるでトウモロコシのような市松模様をしているためです。


日本ではその赤い色からアカダイショウと呼称される場合もあります。

分類


爬虫網有鱗目ヘビ亜科、ナミヘビ科ナメラ属のヘビです。


ナメラ属の代表的なヘビにはアオダイショウ、シマヘビなどの日本でよく見られるヘビも含まれます。

分布(生息地)


コーンスネークは北アメリカ大陸の中部および東部に広く生息します。


湿地や森林、道路沿いや畑など、その生息域は多岐に渡ります。

形態、特徴

150~180cmになる細身のヘビです。


胴体中央部の斜めになった背面の鱗は25枚から29枚です。


腹側の幅の広い鱗は200枚前後、総排泄口から後ろにある鱗は47~84枚程度です。

品種改良によってその色彩は非常に豊富で、赤やオレンジをはじめ、黄色、褐色、ベージュ、グレーや黒、真っ白などが存在します。


模様も一般的な斑模様以外にしましまや柄のない品種が作出されています。

瞳孔は丸く、スマートな頭の形と相まって上品な中にどこか気の抜けたような可愛らしさも感じられます。

生態


コーンスネークは地表棲が強く、さらに木登りも得意なヘビです。


半夜行性ないし夜行性で、朝方や夕方の薄暗い時間や夜中に行動することが多いです。


日中は地面に開いた穴や倒木の下、側溝などで休みます。


北側に生息する個体は冬眠します。

食性は動物食で、ねずみなどの小型哺乳類、鳥類やその卵、トカゲなどの爬虫類やカエルのような両生類などを捕食します。

繁殖は卵生で、5~7月に12~25個の卵を産みます。


卵は60~75日で孵化します。

コーンスネークの魅力


コーンスネークの魅力!というと書くことに悩んでしまいます。


魅力や特徴がないわけではなく、魅力が多すぎてどこから書けばよいのか、と……


冗談はさておき、彼らの魅力をいくつかご紹介します!

1.カラーバリエーション
まずはじめはやはりその多彩なカラーバリエーションでしょうか。


先人たちの涙ぐましい努力と情熱によって作出された色柄は数え切れません。

鮮やかな赤と透き通った瞳がたまらないアメラニ。


幼い頃は淡いピンク、大きくなると雪のように真っ白な体に赤い瞳が白雪姫を思わせるスノー。


黄土色の体がまるでキャラメルのようなバター、キャラメル。


紫がかった淡い体色が美しいラベンダー。

これ以上書くとキリがないので割愛させていただきますが本当に多彩で素晴らしいです。

2.おとなしく丈夫
個体差は多少ありますが基本的にはどの子もおとなしく、積極的に人を咬むことがあまりありません。


また、身体が丈夫なため初心者にも扱いやすいです。

3.スマート可愛い
全体的に細く長い体型は流れる水のように美しいです。


近くで見るとただ繊細なだけではない力強い筋肉が更に美しさを際立てます。


細かい鱗は艶やかに模様を描き、虹色に光る腹は一見の価値ありです。

そんな美しさを兼ね備えながら、くりくりとしたつぶらな瞳やぽやんとした口はとても愛らしいです。


飼い主を餌やり機と認識し、ご飯が食べたいとアピールする様なんて天使です。


コーンスネークは本当に可愛いヘビです。

コーンスネークへの愛


ナミヘビ担当の依綱(いづな)です。
今回はコーンスネークの基本の基、コーンスネークそのものについて記事を書かせていただきました!


依綱の見ている素敵なコーンスネーク像は皆様に伝わったでしょうか……
伝わってるといいな、と思います。

ところで最近我が家に来たコーンのベビーがお迎え後初の脱皮を終えて嬉しい盛りです。

可愛い可愛い我が子が綺麗に一本脱ぎした感動たるや……


この記事をご覧になってコーンスネークの飼い方に興味を持った方はこちらの記事も併せてご覧ください!

[コーンスネークのまとめはこちらから]

ボールパイソンの寿命

フトアゴヒゲトカゲの寿命

関連記事

  1. グリーンパイソンの生態と飼育

    美しさとかっこよさを兼ね備えたスリル満点のグリーンパイソン!飼ってみたいけどちょっと怖い...という…

  2. ボールパイソンの販売、価格

    ボールパイソン飼いたいな…と思ったそこのあなた!!ボールパイソンのお値段はご存知でしょう…

  3. ボールパイソン まとめ

    ボールパイソンの生態と魅力ボールパイソンの飼育環境 必要機材&n…

  4. ボールパイソンの繁殖

    ボールパイソンの繁殖  はじめに繁殖は動物の本能ですので、相手がいる・いないに関わらず、繁殖期または…

  5. ニホンカナヘビの生態と飼育

    都会の片隅にひょっこり現れ、その可愛らしさに疲れが吹き飛んでしまった経験がありませんか。…

  6. ボールパイソンの飼育環境と必要機材

    ボールパイソンの飼育環境 はじめにほとんどのボールパイソンは温和な性格で、犬や猫といった一般的なペッ…

  7. ボールパイソンのモルフ(品種)の紹介

    モルフとは?ボールパイソンには色・柄の違う様々な品種が存在します。その品種をモルフと言い…

  8. コーンスネークの寿命

    はじめにとてもチャーミングでかわいいコーンスネーク。ですがどんな生き物にも死は訪れます。もちろんヘビ…

カテゴリー

PAGE TOP