ブラッドパイソンの生態と飼育

こんにちは(*’ω’*)

 

ヘビは細め派、ラーメンは太麺派の福田です☆

 

ですが!!今回紹介するヘビは太いヘビでーすっ

 

それではいきましょう~(‘ω’)ノ

 

 

学名

和名:ヒイロニシキヘビ(別名:ブラッドパイソン、マレーアカニシキヘビ)

英名:Blood python、Malayan short-tailed python

学名:Python brongersmai(Stull, 1938)

 

 

分類

:有鱗目 Squamata

亜目:ヘビ亜目 Serpentes

:ニシキヘビ科 Pythonidae

:ニシキヘビ属 Python

:マレーアカニシキヘビ(P. brongersmai)

 

 

分布(生息地)

地域

インドネシア(スマトラ島東部、バンカ島)、シンガポール、タイ南部、マレーシア(マレー半島)に分布しています。

 

 

環境

湿った場所に生息しています。

 

水にもよく潜るので、大きめの水入れを用意しましょう。

 

目標は、蒸れない程度のジメジメです!

適正温度も、28度~32度と他種よりも少しだけ高めです。

 

乾燥すると皮膚がくしゃくしゃにしぼんでしまい、低温になると容易にマウスロットになったりと、温度湿度管理が重要になってきます。

 

 

冬場をどう乗り切るか…ですね。

 

 

生態、特徴

大きさ

平均1.2mから1.5m程です。

 

ですが、2.75mまで大きくなった個体も確認されています。

 

 

身体的な特徴

何といっても、ツチノコのような太くて短い体型です。

 

太短いといえばバイパーボアも挙げられますが、本種のほうが比較にならないほど太く、大きいので迫力があります。

 

 

ほとんどが1.2mほどで成長が止まってしまうのですが、テクニック次第で2mを超えるほど大型化させることができます!

 

 

ヘビの飼育に自信がある人は挑戦してみてください♪

 

 

食性

肉食です。餌として、マウスが最も適しています。

 

 

繁殖

卵生です。メスは春先に10~16個ほどの卵を産み、約2か月半~3か月で孵化します。

 

その間は、卵の周りにとぐろを巻いてを守ります。

 



マウスロットに注意!

先ほども記載しましたが、ヘビの代表的な病気の一つです。

 

口の中にヨダレが充満したり、膿が溜まったりします。

 

本種は、この病気になりやすいと言われています。

 

外傷、栄養障害、ストレス、温度低下、不衛生、様々な原因で引き起こされます。

 

菌が全身に回り死んでしまうこともある病気ですが、抗生物質の投与や消毒により治すことができます。

 

 

これらの知識がない場合、まずは病院に連れて行くのが良いでしょう!

 



魅力

ブラットとは、血という意味です。

 

亜種の中には血のように赤くなるものがいるんです!

名前負けしない迫力ですね…( ゚Д゚)

 

愛らしいヘビよりゴリゴリのいかついヘビがお好きな方はきっと気に入るかと思います♪

 

 

飼育方法、

こちらを参考にしてください(^O^)

ボールパイソン飼育環境と必要機材

※ボールパイソンより、多湿にする必要がありますので気を付けてください。

 

 

種類、品種(モルフ)

ブラッドパイソンの亜種は今回紹介する3種類のみです。

 

種類

スマトラブラッドパイソン

グレーや焦げ茶色の体に黒色の斑点が入ることから、ブラックブラッドパイソンとも呼ばれます。

 

 

マラヤンブラッドパイソン

3亜種の中でもっとも大型化します。

 

最も血(ブラッド)を連想させる体色で、レッドブラッドパイソンとも呼ばれます。

 

 

ボルネオブラッドパイソン

黄色みのある体色が特徴です。

 

イエローブラッドパイソンと呼ばれます。

 

 

品種(モルフ)

アイボリー

名前の通り、アイボリー色です。

 

 

アルビノ

赤みが強くなります。

 

 

販売、価格、入手方法

店舗

ルームズー

http://repwst.cart.fc2.com

 

 

アクアスペース大阪

http://www.aq-sp.jp

 

 

イベント

ジャパンレプタイルズショー

http://www.rep-japan.co.jp/jrs/index.html

 

こちらはJRSや夏レプ、ジャパレプと呼ばれています。

 

毎年8月に静岡で開催されているイベントです。

 

 

BLACK OUT

https://www.blackout1999.com/

関東だと浅草・横浜・埼玉、関西は大阪・京都・神戸等で開催されています。

 

 

価格

ノーマルは2万円前後です。

 

 

まとめ

一昔前は亜成体(成体とは言えないがそれに近い状態)の輸入が多かったため、ほとんどの個体の気性が荒いところが難点でした…

 

 

しかし、最近は幼体が輸入されるようになったため、ベビーから育てて飼い馴らすことが出来るようになりました!

 

 

荒さからハンドリングが困難と言われてきたブラッドパイソンですが、愛情を持って育てれば、触れ合える日がいつか来る…でしょう(;’∀’)

 


————————————-

 

 

サルバトールモニター(ミズオオトカゲ)の生態と飼育

カブトニオイガメ

関連記事

  1. ミルクスネークの生態と飼育法

    学名Lampropeltis triangulumナミヘビの仲間でキングスネークとかに凄く近い仲間&…

  2. コーンスネークの生態と魅力

    はじめにナミヘビの中でもポピュラーでカラーも豊富、とってもチャーミングなヘビ、コーンスネーク。今回は…

  3. ボアコンストリクターの生態と飼育

    こんにちは☆小さい頃、ウーパールーパーに憧れて水中で呼吸をする練習をしていましたが、努力は報われなか…

  4. ロージーボアの生態と飼育

    こんにちは!ティファニーとブルーイグアナのコラボ化を待ち続けている福田です(・_・)今回…

  5. コーンスネークの繁殖

    こんにちはヽ(^0^)ノ爬虫類の沼にハマって飼育生体数がどんどん増えてくたまごです!今回はコーンスネ…

  6. グリーンパイソンの生態と飼育

    美しさとかっこよさを兼ね備えたスリル満点のグリーンパイソン!飼ってみたいけどちょっと怖い...という…

  7. アミメニシキヘビの生態と飼育

    どうも、通勤途中でヘビなど見かけた日には1日中ハッピーな気分のもすです!今回はアミメニシキヘビについ…

  8. ボールパイソンの病気と怪我

    ボールパイソンも、人間と同じように病気に掛かったり、怪我を負ったりします。人間に於いては…

カテゴリー

PAGE TOP