ブラッドパイソン

こんにちは

’”モニター募集”に対して別の意味でやたら反応する遠藤です

 

本日はマレーシアの暴君ヘビ

血を見るヘビとも言われてしまっている

ブラッドパイソンの飼育や生態について書いていこうと思います

魅力

本種の魅力は何と言ってもその

迫力のある太さにあります。でかい個体になりますと

女性の胴回りくらいになる個体もいるくらいです

 

また、アイボリー等の魅力的な品種も出て来て

今後より人気が出るヘビになると思います

生態、豆知識等

学名:Python brongersmai(Stull, 1938)

和名:マレーアカニシキヘビ

別名:ブラッドパイソン、マラヤンアカニシキヘビ

英名:Blood python、Malayan short-tailed python

 

分布:インドネシア(スマトラ島東部、バンカ島)、シンガポール、

タイ南部、マレーシア(マレー半島)

最大全長:275cm

 

身体的特徴:体形は太短い。大きさは最大で2.8mにも達し、

3亜種がある。体色は亜種によって異なり、ブラッドパイソンの体色は

赤い個体が多く、黄色や褐色の斑紋が入る。

体色が和名や英名(Blood=血)の由来になっているが、

変異も大きい。腹面の鱗(腹板)は170枚前後。尾は短い。

 

頭部は大型ではないものの、首が細いため目立つ。

眼上板は2枚。眼と上唇の鱗(上唇板)が接する。

一番前の頭頂板が中央で接する。 体の長さに対して太さがあり、

とぐろを巻けないなど身体の柔軟性に欠ける。

 

そのため、同サイズのヘビより飼育スペースが必要となる。

また、同様の理由で固定するのが難しいため、ハンドリングに向かない。

生態:湿度の高い場所を好み、沼地や湿地、水田等に生息する。

水にも潜る。 食性は動物食で、主に小型哺乳類を食べる。

繁殖形態は卵生。メスは卵の周りにとぐろを巻いて、卵を保護する。

 

生息地では食用として食べられることもある。皮は革製品として利用される。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。

動物愛護法の改正により、2016年現在本種を飼育することに対しての

法規制はない。野生個体の流通が多いが、近年は繁殖個体も流通する。

繁殖個体ではいくらか慣れる個体もいるが、性格は基本的に荒い。

 

全長に対して非常に太く、他2種の広義のアカニシキヘビに比べて

大型種のため、飼育にあたっては大型のケージが必要になる。

また乾燥に非常に弱く、保湿力に優れた床材や

全身が浸かる事のできる水入れも必要になる。

 

ただし、湿度を70〜80%に保つ事が出来れば、水入れは必須ではない。

また、大量の尿を排出するため、床材はまめに交換する事が望ましい。

その為、ペットシーツが経済的にもベターである

気性は激しく噛みついてくる個体も多いが、

個体によってはおとなしいものもいる。

心構え、注意する点

湿度を保つのがブラッドパイソンの一番の難点です

特に冬は乾燥するのでかなり厳しい戦いになります

 

他のヘビよりも大きめのゲージを使い厚めに水苔をしいて

部屋ごと加湿すると良いと思います

 

また、荒い性格で慣れている個体でも

噛み付くことがありますので気をつけましょう

飼育方法

飼育環境 イラスト、写真、動画

飼育に必要なもの

・どんな環境が必要か?

木登りと日光浴用に、水平および傾斜のある枝類。

プラスチック製の植物。隠れ家は地上に一つ。

水を入れたボウル。繁殖期には軽く水を吹きかけましょう。

 

ケージ

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%a9-%e7%88%ac%e8%99%ab%e9%a1%9e%e9%a3%bc%e8%82%b2%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

ブラッドパイソンを飼う上でケージは必需品です。

体長が最大で275cm位になりますが、実際は

とぐろを巻いているのでそれほど大きく感じません。

90cm程度のケージでも十分ですが、

120cm位のケージの方が安心です。

 

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×60

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :90×45×60cm

 

床材

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%8d%a8%e3%81%a6-%e8%96%84%e5%9e%8b%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%84

使い捨て薄型ペットシーツ

 

シェルター

シェルター

生体が入れるほどのシェルターを用意しましょう。

隠れ家が出来ることで個体が落ち着きます。

 

・温度

 ホットスポットで35度、涼しいところで29.5度、夜は24~26.5度

 光周期:14時間

 

パネルヒーター

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc32w

冬場にケージを温めるのに「両生類・小型爬虫類飼育用ヒーター」が

ネット通販で購入可能です。 冬場にケージ下部に敷いた状態に

ケージを乗せることで、 床暖のようにケージ内が暖かくなります。

ケージ内が25度~30度になるように保ちましょう。

 

保温電球

保温電球

電球タイプの保温器具です。冬場にケージ内を温めるのに使用しますが、

スチール製のカバーで保護されているので、

成体が直接電球に触れない安全対策になっています。

 

サーモスタット

サーモスタット

サーモスタットと保温電球を接続することで、 ケージ内が

25度~30度になるように温度制御が出来る機器です。

 

・湿度

  50~60%程度をキープしましょう。

 

水入れ

水入れ

置き水が必要なので水入れを用意しましょう。

小さな水入れがあれば小さいサイズで十分です。

 

温湿度計

%ef%bd%9a%ef%bd%8f%ef%bd%8f%ef%bd%8d%ef%bd%85%ef%bd%84%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b8%a9%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e8%a8%88

温度管理と湿度管理がとっても重要になります。

そのため、温度計と湿度計の両方が一緒になっている

タイプを使うととても便利でおすすめです。

ZOOMED レプタイル アナログ温湿度計

ケージの側面などにペタッと貼るだけで簡単に取り付けできる

温度・湿度計です。温度の目盛りには、摂氏(せっし)と華氏(かし)の両表示式。

恒温動物である爬虫類にとって重要な温度・湿度の管理に欠かせないアイテムです。

 

スネークフック

%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%83%e3%82%af

先端の曲がっている部分でヘビの胴体を捕獲します。

 

ランチュウ水槽(背の低い水槽)

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a6

軽くて丈夫なので、ブラッドパイソンの飼育にとても便利です。

 

ピンセット

pinnsettto

餌やり用のステンレスピンセット

餌 餌の与え方

ブラッドパイソンに与える餌は、一般的なのはマウスです。

マウスは総合栄養食としてバランスにもとても優れています。

その他にはブタを与える人もいますが、ブタは高脂肪ですので

メインで与え続けることはおすすめしません。

 

その他に考えられる餌としては鶏ですが、鶏は与えるとしたら

基本的に廃鶏になるかと思います。廃鶏とは、卵を産ませるための

鶏のメスの年老いた鶏のことなのですが、そのため、

高栄養状態で育てられていて、脂肪が非常に多い上、廃鶏と言っても

体内には卵が何個か入っていたりするので高脂肪になります。

 

そのため、ブラッドパイソンに与える餌としては

マウスを与える方が多いのです。しかしもし、ブタや鶏を与えるのであれば、

個体の大きさに合わせてマウスのサイズから計算して餌の量を決めましょう。

マウスLLサイズで350gなので、そのサイズから計算すると

ブタや鶏の与える量がわかると思います。

 

ブラッドパイソンのサイズが1mサイズの場合、

週2でマウスSを1匹程度となりますので、一ヶ月当りの食費は

マウスS×8匹で、およそ4,000円くらいが月の食費となります。

 

そしてブラッドパイソンのサイズが2mの場合、

週1でマウスLLを2匹、一ヶ月当りの食費は

マウスLL×8匹でおよそ月の餌代は5,600円となります。

大きくなると繁殖前のメス以外は食欲が落ち着いてきます。

 

しかしそれでも成体となると、食費は毎月10,000円程度かかります。

ちなみに上記餌代はメスで計算していますので、

オスの場合は月当たりの消費が上記計算の0.8倍の量となります。

しかし上記餌の量はあくまでも目安なので

実際には個体の体格を見ながら与えましょう。

 

・ピンクマウスMサイズ

●写真 ●餌を食べている動画

https://www.youtube.com/watch?v=6zx79tvxtI0

 

●頻度 個体のサイズによってマウスのサイズは変えましょう。

成体であれば、十日から二週間の感間隔で2~3匹程度を与え、

幼体であればサイズを小さくして1個から与えてみるのが良いでしょう。

・注意点 大きすぎる餌による吐き戻しに注意しましょう。

餌を食べたあとのハンドリングは控えましょう。

品種

マレーアカニシキヘビ(馬来赤錦蛇、 学名:Python brongersmai)は、

ニシキヘビ科ニシキヘビ属に分類されるヘビ。

別名ブラッドパイソン、マラヤンアカニシキヘビ。

 

ブラッドパイソンはニシキヘビ属に属し、主にアフリカ・アジアに

分布するクレード(ボールニシキヘビ、アフリカニシキヘビ、

マレーアカニシキヘビ、インドニシキヘビ等)と、

 

主にインド、東南アジアに分布するクレード(アミメニシキヘビ、

チモールニシキヘビ等)に分類されます。

 

【ニシキヘビ属】

Python brongersmai マレーアカニシキヘビ Blood python

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%932

Python anchietae アンゴラニシキヘビ Angolan python

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python breitensteini ボルネオアカニシキヘビ Borneo short-tailed python

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python curtus スマトラアカニシキヘビ Sumatran short-tailed python

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python molurus インドニシキヘビ Indian python

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python natalensis ナタールニシキヘビ South African rock python

%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python pimbura セイロンニシキヘビ Ceylon python

%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python regius ボールニシキヘビ Ball python

%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

 

Python reticulatus アミメニシキヘビ Reticulated python

%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

 

Python sebae アフリカニシキヘビ African rock python

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

Python timorensis チモールニシキヘビ Timor python

%e3%83%81%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%ad%e3%83%98%e3%83%93

 

相場

ブラッドパイソンの相場は20,000円前後です。

売っているお店のまとめ

●monsters keeper 蛇屋

monsters-keeper-%e8%9b%87%e5%b1%8b

●場所 〒004-0865 北海道札幌市清田区北野5条2丁目

6-15 アイランドやまがみ内

TEL: 011-555-8292  FAX: 011-558-5388

●時間 電話受付12時~20時

●特徴 ボア・パイソン、ナミヘビ、餌、

飼育器具を取り扱っている爬虫類・両生類の専門店です。

http://www.monsterskeeper.com/

 

たくさんのブラッドパイソンを見たり

ふれあったりするなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

サルバトールモニター(ミズオオトカゲ)の生態と飼育

カブトニオイガメ

関連記事

  1. ボールパイソンの生態

    学名学名 Python regius和名 ボールニシキヘビ英名 ボールパイソン(Ball pytho…

  2. ベーレンパイソンの生態と飼育

    ヘビ好きなら一度は憧れる究極のパイソン、通称ベーレン様!その美しい体表にはまさに神秘的な魅力を感じま…

  3. コーンスネークの餌とその与え方

    コーンスネークの餌とその与え方 コーンスネークの餌の種類コーンスネークに限らず、特殊な食性のヘビを除…

  4. コーンスネークの寿命

    はじめにとてもチャーミングでかわいいコーンスネーク。ですがどんな生き物にも死は訪れます。もちろんヘビ…

  5. ミルクスネークの生態と飼育法

    学名Lampropeltis triangulumナミヘビの仲間でキングスネークとかに凄く近い仲間&…

  6. コーンスネーク まとめ

    コーンスネークの生態と魅力コーンスネークの飼育環境と必要機材コーンスネークの…

  7. グリーンパイソンの生態と飼育

    美しさとかっこよさを兼ね備えたスリル満点のグリーンパイソン!飼ってみたいけどちょっと怖い...という…

  8. コーンスネークの生態と魅力

    はじめにナミヘビの中でもポピュラーでカラーも豊富、とってもチャーミングなヘビ、コーンスネーク。今回は…

カテゴリー

PAGE TOP