ボールパイソンの寿命

ボールパイソンの平均寿命は15~20年と言われています。

長生きな個体で30年、記録では40年生きたボールパイソンもいます。

自然界で孵化したベビーのうち、1歳を迎えられるのは全体の10%以下と言われています。

また、5歳を迎えられるのはごく少数です。

10年、20年と生きるボールパイソンは、餌が豊富で、外敵から身を守れるテリトリーに定住している可能性が高いです。

飼育下に於いても、同様の事が言えます。

やはりベビーの方が生存率は低く、飼育環境を整えてあげることが重要です。

ボールパイソンの主な死因ですが、自然界では外敵や干ばつ、飢饉、寄生虫が脅威となります。

飼育下では事故、病気、脱走、飼い主のミス、あげればキリがありません。

自然界でも飼育下でも、ボールパイソンが老衰で亡くなることは少ないようです。

育下のボールパイソンの健康維持は飼い主の手に掛かっています!

平均寿命はあくまでも目安です。

人の手で延ばせる命もあれば、その逆も然り。

もちろん不測の事態も起こるでしょうし、お迎えしたボールパイソンが元々何かの疾患を抱えている可能性もあります。

様子がおかしくないか、餌の食い付きはどうか、しっかり観察しましょう。

現在、ボールパイソンの国内繁殖が進み、人気も高まっています。

飼育管理方法が確立されてきているので、将来的に、飼育下のボールパイソンの平均寿命は上がっていくのではないでしょうか(*^^*)

寄り添って生きていこうね♡

 

ボールパイソンまとめに戻る

ボールパイソンの病気と怪我

コーンスネークの生態と魅力

関連記事

  1. ボールパイソンの病気と怪我

    ボールパイソンも、人間と同じように病気に掛かったり、怪我を負ったりします。人間に於いては…

  2. ボールパイソンの繁殖

    ボールパイソンの繁殖  はじめに繁殖は動物の本能ですので、相手がいる・いないに関わらず、繁殖期または…

  3. ボールパイソンの餌とその与え方

    ボールパイソンの好む餌の種類ボールパイソンの餌として主流なものは、大きくわけて2種類あります。&nb…

  4. ボールパイソン まとめ

    ボールパイソンの生態と魅力ボールパイソンの飼育環境 必要機材&n…

  5. ズグロパイソンの生態と飼育

    こんにちは、最近苦手だったはずのカエルが可愛くて仕方ないkodaです!今回の記事ではオーストラリアを…

  6. ウォマパイソンの生態と飼育

    オーストラリアの蛇といえば!そうです、ウォマパイソンです!!(∩´∀`)∩美しい縞模様と光沢のある頭…

  7. ブラッドパイソンの生態と飼育

    こんにちは(*'ω'*)ヘビは細め派、ラーメンは太麺派の福田です☆ですが!!…

  8. パプアンパイソンの生態と飼育

    周りの人に実年齢より必ず幼くみられる瀬戸口です。今回紹介するのはこちら!パプアンパイソンです!学名和…

カテゴリー

PAGE TOP