ハコガメ(アジア)の生態と飼育法

ハコガメとは?

水陸どちらにも対応したヌマガメの事で

特徴としてはドーム状の甲羅をもち、首を引っ込めると

パコッと甲羅がしまります

生態、豆知識等

ハコガメ(マレーハコガメ)

学名:Cuora amboinensis

英名:Malayan box turtle、South Asian box turtle

 

分布:インド北東部、インドネシア、カンボジア、 シンガポール、

タイ、中華人民共和国南部、台湾、 日本(石垣島、西表島)、

バングラデシュ、フィリピン、 ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、

ラオス ハコガメ属ならびにイシガメ科で最も広い分布域を持つ。

 

身体的特徴:ハコガメの最大種はマレーハコガメで最大甲長21.6cm。

オスよりもメスの方が大型になる。

 

背甲には 椎甲板に筋状の盛り上がり(キール)があり、

肋甲板にもキールがある種もいる。ハコガメは、胸甲板と腹甲板の間には

蝶番があり、これにより腹甲を折り曲げ可動させることができる。

 

蝶番の発達は種により異なり発達する種では背甲に対して隙間が無く

完全に蓋をすることができるが、 逆にあまり発達しない種では蝶番よりも

後部の腹甲(後葉)を折り曲げても背甲との間に隙間ができ

完全に蓋をすることができない。

 

腹甲を可動できる利点として外敵や乾燥からの頭部の防御に

役立つと考えられている。オスは尾が太いうえに長く、

尾をまっすぐに伸ばした状態では総排泄口全体が背甲の外側に位置する。

逆にメスは尾が細いうえに短く、尾をまっすぐに伸ばしても

総排泄口全体が背甲よりも内側にある。

 

 

 

腹甲には切れこみが入らない。ハコガメ属内でも蝶番が発達し、

腹甲を折り曲げる事で 背甲との隙間を塞ぐ事ができる。頭部は小型で、

吻端は尖らない。下顎の先端は僅かに鉤状になる個体が多い。

頭部の色彩は褐色や暗褐色、 黒で、側頭部には

左右に3本ずつ黄色や淡黄色の筋模様が入る。

 

ハコガメの卵は長径4~5.8cm、短径2.5~3.4cmと細長いか、

やや細長い楕円型。孵化直後の幼体は甲長3.8~4.7cm。

幼体はキールや縁甲板外縁の黄色い縁取りが明瞭だが、

成長に伴い消失する。

 

 

Cuora amboinensis amboinensis (Daudin, 1802)

アンボイナハコガメ Mymmer box turtle

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora amboinensis couro (Schweigger, 1812)

ジャワハコガメ Mymmer box turtle

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora amboinensis kamaroma Rummler & Fritz,

1991 シャムハコガメ Mymmer box turtle

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%a0%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora amboinensis liniata Mccord & Philippen,

1998 ビルマハコガメ Mymmer box turtle

%e3%83%93%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

生態: ハコガメは森林、河川、池沼、湿原などに生息する。

陸棲もしくは半水棲。食性は雑食で、昆虫、節足動物、甲殻類、貝類、ミミズ、

魚類、動物の死骸、水草、果実などを食べる。 繁殖形態は卵生。

 

ハコガメは中華人民共和国では食料や薬用とされ、

特に金色の頭をしたカメ(ミスジハコガメ)は

癌の特効薬になると信じられている。

 

ミスジハコガメを乱獲するうちに、

本属の他種が市場で発見され記載された例もある。

また市場で発見されたり生息数が少ないこともあって、

正確な分布や生態がわかっていない種もいる。

 

さらに乱獲により生息数が激減したため、

現在は食用の養殖が進められている。開発による生息地の破壊、

食用や薬用、ペット用の乱獲などにより生息数が減少している種もいる。

2000年に属単位でワシントン条約付属書II類に掲載された。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。

 

ワシントン条約に掲載されてからは流通量は激減し、

それにともない価格も高騰した。

現在はマレーハコガメを除いて野生個体の流通は少なく、

飼育下繁殖個体が少数流通する。

 

熱帯雨林気候やサバナ気候内における主に

標高500m以下の平地や 丘陵にある流れの緩やかな河川、

池沼、湿原、水田などに生息し、底質が泥で

水生植物の繁茂する止水域やその周辺を好む。

 

地域によってはマングローブ林で見られることもある。

属内でも最も水棲傾向が強く(特に幼体)、よく水に入り泳ぎも上手い。

昼行性だが、水温が高い日は主に薄明薄暮時に活動する。

 

食性は植物食傾向の強い雑食で、植物の葉、果物、水草、

キノコ、 藻類、昆虫類、節足動物、甲殻類、貝類、魚類、

両生類の幼生などを食べる。水中でも陸上でも採食を行う。

幼体は動物食傾向が強いが、 成長に伴い植物食傾向が強くなる。

 

繁殖形態は卵生。飼育下では1回に1~5個(通常2-3個)の卵を

年に2~4回に分けて産む。卵は26℃で79日、

28~29℃で74~78日、30.5~31℃で47日で孵化した例があります。

ハコガメはペットとして飼育されることもある。

 

インドネシアから輸出される亜種ジャワハコガメ安価に流通しており、

日本にも輸入されている。 飼育にあたっては低温に弱いため、

水中にはヒーターを設置して保温する。

陸場には局所的で水に強い暖房器具や照明器具を照射し、

体を温め皮膚や甲羅を乾かすことのできる環境を作る。

 

水質の変化に強いが、極度に水質が悪化したり温度や陸地の設定が不適切な場合、

皮膚や甲羅に疾患を患うこともある。 飼育下では人工飼料や

乾燥飼料等にも餌付く。成体は植物食傾向が強くなるため、

葉野菜などの植物質も与えた方が良い。

 

発情したオスや大型個体は同種他種問わずに噛みついたり

強引に交尾を迫るため、基本的には単独で飼育する。

飼育方法

飼育環境

・どんな環境が必要か?

ビバリウムのサイズは、

1頭で90×60×38cmのサイズのケージが必要となる。

成体の場合、気候が適していれば、屋外で

180×180×122cmの囲い込みをした場所での飼育も出来る。

 

ケージ内では隠れ家を2か所用意する。

屋外の場合、ハコガメが逃げないように背の高い壁が必要で、

一部が網状になった透明プラスチックの蓋をかぶせる。

隠れ家と浅い水場に、朽ちた丸太を置いて昆虫を引き寄せる。

毎日水を吹きかける。

 

ケージ

%e3%82%b3%e3%83%88%e3%83%96%e3%82%ad-%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e6%b0%b4%e6%a7%bd-%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%89900-kc-wide900

・必要な大きさ(縦、横、高さ)

■コトブキ クリスタル水槽 ワイド900 KC-WIDE900

■本体サイズ (幅×奥行×高さ) :90×60×38cm

 

床材

%ef%bd%87%ef%bd%85%ef%bd%98%e3%80%80%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%be%e3%83%86%e3%83%a9%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80

ヤシガラなどの湿気を多く含むもの。水に弱いものは避ける

 

GEX エキゾテラ プランテーションソイル 4L

リクガメ・カエル・カメレオン等の飼育に最適な床材です。

天然のヤシガラを使用しているため、

自然に近いテラリウムを再現できます。

テラリウム内での植物栽培用にも使用できます。

 

シェルター

%e9%99%b8%e4%ba%80%e3%81%ae%e5%af%9d%e5%ba%8a-herp%e3%80%80craft%e3%80%80%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bchg%e3%80%80lh

陸亀の寝床 HERP CRAFT ロックシェルターHG LH

風合い豊かな岩石をリアルに模したポリレジン製のシェルターです。

高さがあるのでリクガメのシェルターとして

使えます。陸上・水中どちらでも使えます。

 

・温度

 ホットスポットで28度、涼しいところで22~24度、夜は15度

 フルスペクトル(UVB)ライトと日光浴用のバスキングライトが必要。

 

・パネルヒーター(フィルムヒーター、シートヒーター)

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc32w

カメは寒さに弱いので、秋から春にかけて

体温低下を防ぐ「パネルヒーター」が必要です。

パネルヒーターを設置することで遠赤外線効果はあり、

床材の下から生体のお腹を暖めることが出来ます。

 

・保温球

gex-%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%be%e3%83%86%e3%83%a9-%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

冬場の体温低下を防ぐ「保温球」です。

 

GEX エキゾテラ サングロー タイトビームバスキングスポットランプ

サングロー タイトビームバスキングスポットランプ 【昼用集光型】

砂漠・熱帯環境テラリウム用、昼用タイトビームスポット型ランプです。

砂漠・熱帯環境をイメージした光で、

テラリウムの一部を集中的に照らします。

 

・バスキングライト

%e3%82%ba%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3-%e3%83%ac%e3%83%97%e3%83%86%e3%82%a3-%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88

日光浴の代わりになる「バスキングライト」です。

バスキングライトは室内飼育環境下においては

太陽光が届きづらいケージ内を温めることが

出来るので、ケージ内の温度を上げて

生体の体温を上げる事が出来ます。

 

爬虫類用のバスキングライトは色々な種類が

ありますが、通常のレフランプ等でも効果は同じです。

夏でも冬でも室温が一定の部屋で飼育出来れば

バスキングライトは1種類でも十分ですが、

一般的には季節によって室温は変化します。

 

ワット数が違うバスキングライトを何種類か用意し、

取り付ける高さとワット数の違うバスキングライト

を調節することで、ケージ内の温度を調整することをおすすめします。

 

冬場でケージ内の温度が上がらない場合、

短時間であれば直接命に関わる事は少ないのですが、

夏場のケージ内の温度の上昇は短時間でも

命に関わる場合があるので特に注意が必要です。

 

バスキングライトのワット数の目安としては

60ケージで40W~60W、90ケージで

40W~100Wのバスキングライトであれば安心です。

 

設定温度としては、ケージ内で出来るだけ

温度差が出来るように片側に寄せて設置しましょう。

ケージ内に温度差が出来ることで生体は

好きな温度を選んで活動することが出来ます。

 

ただし、バスキングライトは太陽光の代わりの

ライトなので、朝に点灯させて夜には

必ず消灯しなければいけません。

 

ズーメッドジャパン レプティ バスキングスポットランプ

すべてのカメ、ヘビ、トカゲ、ワニ用の究極のバスキングライトです。

 

二重反射構造のため同ワット数のランプに

比べて35%以上明るい。爬虫類本来の活動サイクル

を促す紫外線UVAを照射します。

爬虫類本来の活動サイクルを促す

紫外線UVAを照射します。

 

ビーム状に光を照射して日光浴するための

ホットスポットを作成します。

ホットスポットを作ってあげることにより、

自然界 で日光浴をしているのと同じ環境を再現します。

耐久時間約2000時間・集光型

 

・紫外線灯

%e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9a%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

紫外線灯はビタミンD3の生成を助けるため、

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なグッズです。

紫外線灯を直接太陽光の届かない室内で飼育する

場合にケージ内に設置することで、

紫外線を照射することが出来るランプです。

 

紫外線灯には蛍光管タイプのものや

HIDランプやメタルハライドランプ(通称:メタハラ)

等の高輝度放電ランプの種類があります。

値段的には蛍光管が一番安く、一番高価ですが

太陽光に一番近いとされているのがメタハラでおすすめです。

 

蛍光管の場合、ケージ内の温度がほとんど上がらない

のでバスキングライトと併用となりますが、

メタハラの場合には温度を上げる効果が

あるものもあるので、バスキングライトとしての

役割を兼用出来る場合があります。

 

紫外線灯から放射される紫外線は

太陽光のものに比べるとはるかに放射量が少なく、

あくまで太陽光の補助として利用しましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲは紫外線が必要な生き物なので、

可能な限り日光浴をさせることをおすすめします。

そしてケージ内に設置している紫外線灯は、

朝に点灯させ夜には消灯するようにしましょう。

 

ビバリア ハイパーサンUV 80W

[Vivaria(ビバリア) 照明器具・保温球(爬虫・両生類用)]

「ビバリア ハイパーサンUV 80W」は、飼育下で不足しがちな

紫外線 (UVA/UVB)と保温を同時に照射できる

爬虫類飼育用水銀灯です。

 

自然な太陽光を再現しています。

バラストレス(安定器なし)のため、

直接クリップスタンドに取付けできます。

 

小型扇風機

小型扇風機

小型クリップ扇風機 IF-C17SA(K)

クリップがついているのでケージ上部に取り付けられます。

夏場は湿度が高くなるので高くなりすぎないように使用しましょう。

 

・湿度:70%

 暑すぎたり乾燥しすぎると病気の原因になりますので、

 湿度が下がりすぎないように気を付けましょう。

 

・水:浅い水入れを置き、毎日霧吹きで水を吹きかける。

 

水入れ

%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%be%e3%83%86%e3%83%a9-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

エキゾテラ ウォーターディッシュ

浅めで安定した水入れを使いましょう。

 

・温湿度計

%ef%bd%9a%ef%bd%8f%ef%bd%8f%ef%bd%8d%ef%bd%85%ef%bd%84%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b8%a9%e6%b9%bf%e5%ba%a6%e8%a8%88

カメは、温度管理と湿度管理がとても重要になります。

そのため、温度計と湿度計の両方が一緒になっている

タイプを使うととても便利でおすすめです。

 

ZOOMED レプタイル アナログ温湿度計

ケージの側面などにペタッと貼るだけで

簡単に取り付けできる温度・湿度計です。

 

温度の目盛りには、摂氏(せっし)と華氏(かし)の

両表示式。恒温動物である爬虫類にとって

重要な温度・湿度の管理に欠かせないアイテムです。

餌 餌の与え方

・主食:ハコガメのエサ(人工飼料)各種

・副食:生餌(シジミ、メダカ等の小魚、タニシ、エビ、

    昆虫類、鳥のレバー、刺身等)

 

≪カメのエサ(人工飼料)≫

■テトラ・レプトミン

%e3%83%86%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%83%ac%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%b3

 

●かめの健全な成長に必要な栄養素を全て配合したバランス栄養食です。

 消化吸収にも優れ、毎日の主食に最適です。

●水が汚れにくいやわらかなスティックタイプ(浮上性)ですので、

 かめが喜んで食べます。

●カルシウムとリンがバランスよく含まれ、甲羅を丈夫に保ちます。

 

テトラ (Tetra) テトラ レプトミン220g(ラージスティック)

 

■テトラレプトミン スーパー

%e3%83%86%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ac%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

水棲ガメの嗜好性と健康を徹底的にごだわったフード

●嗜好性の高い天然エビを贅沢に配合したことにより、

 偏食傾向の強いカメの主食として、また元気のないときの

 栄養補助食として最適です。

 

●カルシウム、ビタミンD3強化配合により、

 丈夫で美しい甲羅の形成に。

●ビタミンA強化配合。大きなスティックタイプ

●浮上性、スティック状で食べやすい

●甲羅の長さ10cm以上のかめに最適なラージスティック

 

テトラ (Tetra) レプトミンスーパー 310g

 

 

 

 

 

■教材乾燥川エビ(カメのごほうび)

%e6%95%99%e6%9d%90%e4%b9%be%e7%87%a5%e5%b7%9d%e3%82%a8%e3%83%93%ef%bc%88%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%81%ae%e3%81%94%e3%81%bb%e3%81%86%e3%81%b3%ef%bc%89

商品紹介 川エビの風味を生かしたフリーズドライ加工。

カルシウム豊富な天然川エビが甲羅を丈夫にします。(徳用)

原材料・成分 淡水エビ

使用方法 1日数回に分け、2、3分で食べきれる量を与えてください。

子ガメには回数を多く与えるとよいでしょう。

 

総合栄養食の姉妹品「キョーリン飼育教材カメのエサ」も

いっしょに与えることをおすすめします。

※水温が下がるとあまりエサを食べなくなりますが心配ありません。

 

 

 

■ひかりクレストタートル

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab

商品紹介 雑食性のカメが必要とする特有の栄養バランスに配慮、

健全な成長をサポートする水棲カメ専用飼料です。

 

使用方法 個体によって食べる量が異なりますが1日数回、

10分以内に食べきれる量を目安に与えてください。

 

 

 

 

■乾燥エビ

%e7%94%9f%e9%a4%8c%e5%b9%b2%e3%81%82%e3%81%bf

内容量500グラム 賞味期限 3ヶ月

保存方法 冷暗所で保管長期間の場合は冷蔵

原材料 つのなしおきあみ 食塩 商品説明 三陸産のあみえびです。

 

風味豊かで色々な料理に使えます。お好み焼きや煮物、

炒飯などにも最適です。ポン酢でそのまま食べても美味しいです。

 

 

≪エサの量≫

・成体のハコガメは2~3日に1回、

 幼体のハコガメは1日1回の頻度でエサを与えましょう。

・成体のハコガメはスイミー(鯉のエサ)6割:レプトミン3割、

 生餌で乾燥エビという感じで問題ありません。

品種

ハコガメ属(ハコガメぞく、Cuora)はカメ目イシガメ科に属する属。

模式種はマレーハコガメ。別名アジアハコガメ属。

分子系統学的解析では、イシガメ属(クサガメ属やハナガメ属も含めた)と

単系統群を形成すると考えられている。

 

以前は陸棲傾向が強いことや蝶番が発達し

完全に蓋ができることなどから、セマルハコガメと

モエギハコガメをオカハコガメ属Cistoclemmysとして分割する説もあった。

 

しかし近年の分子系統学的解析ではオカハコガメ属を

含まないハコガメ属とオカハコガメ属、 1属1種とされていた

ヒラセガメ属Pyxideaの3属は単系統群で、さらにオカハコガメ属を含まない

ハコガメ属やオカハコガメ属の2属がそれぞれ多系統群であるとして、

オカハコガメ属やヒラセガメ属を本属に含む説が有力。

 

属内での系統には様々な説があるものの、形態や分子系統学的解析から

コガネハコガメ、シェンシーハコガメ、ミスジハコガメ、

クロハラハコガメが より近縁で単系統群を形成すると考えられている。

 

Cuora amboinensis マレーハコガメ Malayan box turtle

%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora aurocapitata コガネハコガメ Yellow-headed box turtle

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Cuora flavomarginata セマルハコガメ Yellow-margined box turtle

%e3%82%bb%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora galbinifrons モエギハコガメ Indochinese box turtle

%e3%83%a2%e3%82%a8%e3%82%ae%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora mccordi マコードハコガメ Mccord’s box turtle

%e3%83%9e%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora mouhotii ヒラセガメ Keeled box turtle

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora pani シェンシーハコガメ Pan’s box turtle

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora trifasciata ミスジハコガメ Three-banded box turtle

%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b8%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora yunnanensis ユンナンハコガメ Yunnan box turtle

%e3%83%a6%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

Cuora zhoui クロハラハコガメ Zhou’s box turtle

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%82%ac%e3%83%a1

たくさんのハコガメを見たり

ふれあったりするなら

日本最強爬虫類軍団!

新宿・爬虫類カフェらぷとるへ!

失敗しないケヅメリクガメの飼育法

コーンスネークの餌とその与え方

関連記事

  1. リクガメ

    魅力生体、豆知識等学名 Testudinidae Batsch。リクガメ科 (リクガメか、Testu…

  2. カブトニオイガメ

    こんにちは、冷凍庫にはネズミしか入っていない遠藤です今日はカブトニオイガメの生態や飼育法…

  3. ホシガメ

    魅力生体、豆知識等学名 Geochelone elegans。インドホシガメ(Geochelone …

  4. 失敗しないケヅメリクガメの飼育法

    ケヅメリクガメとは黄色くてピラミッド型の突起が並んだ甲羅を持っている世界で3番目に大きな陸に住む亀で…

カテゴリー

PAGE TOP